板倉です。
 
 
トレンドアフィリエイトでも、
なんでもそうですが、とにかくアドセンスで稼ごうと思ったら、
広告についての基本的な知識くらいは頭に入れておかなければなりません。
 
 
そういうことを知らずにビジネスをやっている人もいますが、
そして、それで稼げちゃっている人もいますが、
今日お話しすることを頭に入れておいた方が、
広告の構造が理解でき、きっとビジネスの幅も広がると思うので
覚えておいて損はないと思います。
 
 
では早速行ってみましょう。

アドセンス解説をもう一度・・・

 
アドセンスというのは、
Googleがやっているサービスの一つで、
商品やサービスを持っている企業や個人などが広告依頼をします。
 
 
広告依頼を受けたGoogleは、
Googleアドセンス契約をしているブロガー(アフィリエイター)などのブログに、
広告を貼ってもらい、そのブログの訪問者に対して、
広告宣伝活動を手伝ってもらうという仕組みです。
 
 
ブロガーにはその報酬として、
広告バナーが1クリックされるごとに、
約10円〜30円の報酬が支払われます。
 
 
僕は実際に、広告主側として広告を出稿することもやっていますし、
自分のブログでアドセンスを貼り付けるアフィリエイターでもあるので、
双方の「儲けるロジック」というものを理解しているつもりです。
 
 
広告主としては、広告費を払うわけですから、
実際の売り上げはその広告費以上の売り上げを上げなければ
『広告赤字』ということになります。
 
 
ですので広告主は、
なるべく費用対効果の大きい広告媒体に広告を出したいというのが本音です。
 
 
広告媒体には、新聞折込チラシ、DM、テレビCM、
中吊り広告、街頭ポスター、PPC広告、SNS広告、などなど、
様々な広告媒体があるわけですが、やはり今の時代、
最も効果的な広告を出すとなると、「SNS広告」か「GDN広告」です。
 
 
SNS広告というのはまたそのうち解説しますが、
今回、トレンドアフィリエイトに関係しているのはこの「GDN広告」です。

グーグルの戦略とGDN広告

 
ここでもう一度、
「広告主」「Google」「アフィリエイター」の関係図を見てみましょう。
 
 
 
 
 
 
広告主は様々な広告媒体の中から、
今、最も費用対効果の期待できる「GDN広告」を利用します。
 
 
それはなぜか。
 
 
Googleの人工知能が世界一優秀で、
広告主の求めている潜在ユーザーに、
自分の広告をダイレクトに表示させることができる技術を持っているからです。
 
 
Googleという企業は、
このインターネットの世界の「地図」を作った会社です。
 
 
検索エンジンというものを開発し、
インターネットの世界の地図を作り、整地して、
インターネットを利用する人が利用しやすい環境というものを作りました。
 
 
ユーザーが検索エンジンで検索キーワードを入力すると、
即座に求めている情報にリーチできる。
そんな環境を整えました。
 
 
でも、検索ユーザーはお金を1円も払っていません。
 
 
なぜなら、Googleは検索エンジンという、
インターネットの地図を無料でばらまく代わりに、
世界中のネットユーザーを取り込み、
人を集めることによって、広告費で儲けているからなんです。
 
 
gmailや検索アナリティクスなど、
有料級のサービスを無料で提供できているのも、
広告の分野で爆発的に儲かっているので、
わざわざそんなところでお金を取る必要がないんですね。
 
 
ですので、
現状、世界中のインターネットを利用する人は、
気がつかないうちに、Googleユーザーになっているんです。
 
 
で、Googleは検索エンジンを利用して世界中の人を集め、
それぞれのユーザーのデータを集めました。
 
 
これを『ビッグデータ』と言いますが、
世界中のインターネットユーザーのビッグデータを集めることで、
Googleはネットの世界の支配者になりました。

「情報」を持つものが世界の覇者になる

 
検索エンジンの検索キーワードには、
その人の人生が反映されます。
 
 
その人の趣味、興味関心、住んでいるところ、
どこに旅行に行ったか、どこでご飯を食べたか、
どこで髪を切ったのか、どんな性癖を持っているのか、
その人のこれまでの検索キーワードを全て見ることができれば、
その人がどんな人生を歩んできたのかがわかります。
 
 
それが『ビッグデータ』です。
 
 
Googleは、全世界の検索ユーザーのビッグデータを得ることで、
最強の広告ツールを開発しました。
 
 
それが、以前ちょこっと解説した、
『コンセプトマッチ広告』のことです。
 
 
その人の検索キーワード、
訪問したサイトでどのページをクリックしたのか?
 
 
Googleは検索ユーザーのそういう細かいところまで追跡していて、
その人が反応しやすい広告をその人のパソコン画面上に、
自動的に表示させることができる人工知能を開発しているんです。
 
 
そもそも、この商品を買う確率が高い人にその広告を表示しているわけですから、
そりゃ、広告の費用対効果は絶大なものになります。

GDN広告は世界最高のコアマーケティング

 
マーケティングの世界では、
「マスマーケティング」や、
「コアマーケティング」とかいう専門用語がありますが、
テレビCMなどの大衆向けの広告のことをマスマーケティングといい、
ごく一部のコアな層に向けての広告のことをコアマーケティングといいます。
 
 
そのどちらも一長一短があり、
広告を使う場面、有効な場面というのがありますが、
マスマーケティングの場合、
大衆や不特定多数の人に自社のブランドをアピールしたい場合に有効です。
 
 
対してコアマーケティングは、
ある特定の商品を販売したい場合、
見込み客がその広告を目にした時に、
すぐにその商品を買ってもらいたい場合などに有効です。
 
 
Googleの人工知能は、
このコアマーケティングでは世界一の精度を誇っています。
 
 
ビッグデータさえあれば、
どこの誰がどんな商品を求めているかなんて一発でわかりますから、
他の追随を許さない圧倒的な広告を出すことができます。
 
 
広告主にとってはこれ以上ない費用対効果で、
商品がバンバン売れていき、広告費以上に儲かるわけですから、
今現在、「GDN広告」というのが注目されているんです。
 
 
で、僕らはその「GDN広告」を自分のブログなどで表示することにより、
広告主の広告を表示してあげるお手伝いをしているんです。
 
 
トレンドアフィリエイトがなぜ儲かるのかというと、
そのような広告概念の背景があるので、
 
 
Googleの人工知能の助けも借りつつ、
アドセンスを表示しているだけで訪問ユーザーが勝手にクリックしてくれるからなんです。
 
 
Googleの世界最高峰の人工知能を味方につけているので、
他のアフィリエイトよりも断然稼ぎやすいと言われています。
 
 
大体、広告のお勉強は、
この辺のことを押さえておけば大丈夫だと思います。
 
 
以上、広告基礎概念でした!
ありがとうございました!
 

板倉のメールマガジンあります。


















このメルマガはネットビジネス初心者の方に向けて、
みっちりと基礎を固めてもらうつもりで書いています。


ビジネスは始めが肝心です。


一気に結果を出せる人とそうでない人の差は、
「ゴールが見えているかどうか?」です。


ゴールが見えていなければ、
闇雲に走っても意味がありませんし、
下手したら逆方向に走っている人もいます。


ですので、このメルマガは、
ネットビジネスというフィールドに飛び出す前の、
『地図を受け取る』という作業だと思ってもらえればいいので、

「これからビジネスを始める人」
「すでにビジネスを始めているけど迷子になっている人」
に受け取ってもらえると嬉しいです。


なので、残念ながら、
すぐに役に立つノウハウを求めている方の期待には答えられません。


逆に、 着実にビジネスを進めていきたい方、
正しいマインドを持ってビジネスに取り組んでいきたい方は受け取った方がいいです。


『有料級の情報を提供している』


と、自信を持って言える内容ですが、
全部無料ですし、
いらなくなったらボタンひとつで解除できます。


登録はこちらからどうぞ。


*メールアドレス
*苗字 or ニックネーム