板倉です。
 
 
くだらない前置きは置いといて、
早速いってみましょう。
 
 
よろしくお願いします。

最初の壁をブチ抜くためのノウハウ
〜トレンドアフィリエイト〜

 
僕はこの「トレンドアフィリエイト」という手法を、
『強制的に稼ぐズルいノウハウ』だと思っています。笑
 
 
ネットでお金を稼ぐ方法というのは沢山ありますが、
中でも『広告収入』という稼ぎ方が一番オーソドックスというか、
ネットとかパソコンのことをあまり知らない人でもできる稼ぎ方です。
 
 
YouTuberも「アドセンス」という広告収入ですし、
ブログで稼いでいる人たちも、
「クリック型」とか「成約型」とかありますが、
基本的には同じ「広告収入」という稼ぎ方です。
 
 
ただの普通の人が日記代わりにブログを書いてたらアクセスが集まって、
ネットに詳しい人に、「アドセンス入れたほうがいいよ」と言われて、
『アドセンスを入れただけで稼げちゃった。』というのはよくある話です。
 
 
稼ぐつもりもなかったのに、
「アドセンスを入れただけで稼げちゃった」
という人が沢山いるくらいなので、
 
 
「そりゃ、稼ぐつもりでやれば稼げないわけないっしょ!」
って僕は思います。
 
 
では、その「アドセンス」ってなんなのか?
どういう稼ぎ方なのか?
 
 
ここでも『仕掛ける側の視点』というのが非常に重要になってきますので、
仕掛ける側視点で解説していきますね。

アドセンスで稼ぐロジック

 
アドセンスというのは、
自分のブログに貼り付ける広告のことです。
 
 
例えばこういうやつです。
 
 
 
 
こういう広告のことをアドセンス広告と言います。
 
 
そして、この広告、
何か見覚えがあると思いませんか?
 
 
・・・そうなんです、
前回、せどりの解説をした時に出てきた、
ビッグカメラの髭剃りの広告なんです。
 
 
この広告はコンセプトマッチ広告といって、
ブログの訪問ユーザーに適した広告を自動で「AI」が判別して表示してくれる広告なんです。
 
 
「キャッシュ」と言いますが、
要は、サイトの訪問履歴ですね。
 
 
僕がビッグカメラのサイトを訪問して、
電気シェーバーのページを眺めていた記録がGoogleのデータベースに残っていて、
Googleの「AI」が「お!こいつは電気シェーバーに興味があるやつだぞ!」と判断して、
こういう広告を表示しているというわけなんです。
 
 
だから、
僕らは常にGoogleにストーカーされているようなものなんです。笑
 
 
現在、ネットの世界の支配者はGoogleですが、
このアドセンスという広告はGoogleが運営していて、
Googleはこの『広告収入』で儲けている会社なんです。
 
 
例えば、
先ほどの「ビッグカメラ」は、
Googleに広告依頼を出しているんですね。
 
 
「お金払うから、
 ビッグカメラの宣伝を沢山してよ」
っていう依頼をしているんです。
 
 
だから、お金を払っているのは広告主であるビッグカメラです。
 
 
Googleはネットユーザーの様々な訪問履歴、
検索キーワードのデータをすべて持っていますから、
そのユーザーに対して最適な広告を出すことができるというわけなんです。
 
 
で、ここからが本題。
 
 
僕らがやろうとしているのは、
ブログを作って、アドセンス広告を貼り付け、
そこにアクセスを集めて、訪問者に広告をクリックしてもらうことが目的です。
 
 
その広告の内容は指定することができません。
 
 
グーグルが勝手に
・ブログの内容に合った広告
・訪問者の履歴に適した広告
 
 
このどちらかを選んで最適な広告を表示してくれます。
 
 
ですので、
僕らはやるべきことは大きく分けて3つ、
 
1、ブログを作る
2、アドセンスを貼り付ける
3、アクセスを集める
 
ということになります。
 
 
図で言うと、こんな感じの関係図になります。
 
 
 
 
要は、ブログに人が集まれば、
それだけクリックされてそれだけ儲かるっていう仕組みですね。
 
 
これが一応、
アドセンスで稼ぐロジックになります。

トレンドキーワードでアクセスを集める

 
 『トレンドアフィリエイト』とは、
世間的に流行になっているキーワードを使い、
アフィリエイト報酬を得るためのマーケティング手法のことです。
 
 
世の中には「トレンドキーワード」というものがあり、
その時々で流行っている「話題のワード」みたいな感じのものです。
 
 
例えば、芸能人の結婚や不倫のニュースや、
スポーツの話題、ワールドカップとかオリンピック、
あとは流行りのお笑い芸人とか、
そういう、写真週刊誌が取り上げそうなニュースをブログ記事にするイメージです。
 
 
「〇〇不倫!」とか、
「サッカー日本代表速報!」とか、
「お笑い芸人〇〇のネタまとめ!」とか、
そういうタイトルで記事を構成すると、
 
 
現在、流行っているキーワードですから、
そこに検索需要があり、たくさんのアクセスが集まってくるというわけです。
 
 
ブログにアクセスを集めたら、
アドセンス広告が1%くらいの割合で自然にクリックされるので、
基本的には記事を書いたあとはやることがありません。
 
 
なので、
ひたすら、アクセスの集まりそうな「トレンドキーワード」を狙い、
ブログ記事を量産していくという作業を繰り返します。
 
 
稼げる金額の目安ですが、
そのキーワードによって違ってくるので一概には言えない部分があります。
 
 
しかし、
その平均値を出すと、だいたい1クリック10円〜30円です。
 
 
クリック率も広告の配置や、そのブログの趣旨にもよりますが、
平均してだいたい1%って言われているので、
仮に今日書いた記事に10万アクセス集まれば、
クリック数は1000クリックになり、
1クリック30円だとすると「3万円」の収益が発生します。
 
 
一応、収入の目安はこんな感じのイメージで問題ありません。
 
 
で、
そのような記事を毎日量産していけば、
アクセスの集まる「当たり記事」もあるし、
なかなかアクセスの集まらない「ハズレ記事」もあるのですが、
1ヶ月間普通に取り組んでみて収益が発生しないってことはまずないです。
 
 
2〜3ヶ月も真剣にやれば、
月収10万円くらいはまず稼げるよねっていうくらい、
結果が出やすいのがこのトレンドアフィリエイトっていうノウハウなんです。
 

実際やることはシンプル

 
ちょっと真面目に解説しすぎちゃいましたが、
実際やることって超シンプルです。
 
 
ブログを作って、(無料ブログでも可)
今話題の記事を書いて、
アドセンス広告を貼り付けるだけです。笑
 
 
それで月に数万円とか収入が入ってくるので、
最初の実績を作るという意味ではかなりハードルは低いはずです。
 
 
その最初のハードルを超えておけば、
自分の中に「ネットで稼ぐ」っていう自信みたいなものが芽生えますので、
そうしたら、他のもっと資産性の高いノウハウに取り組んでいきます。
 
 
もうその時点で、
月収10万円なり20万円という数字が出ているはずですから、
「早く稼がないといけない!」っていう強迫観念からは解放されているし、
割と落ち着いて次のビジネス取り組んでいけると思います。
 
 
そうやって、自分のビジネスをどんどん大きくしていき、
収入もある程度安定してくるようになったら、
独立するなり、法人を立ち上げるなりしていくことができます。
 
 
なので、
まずはとにかく「最初の実績を作ること」「稼ぐこと」だと思います。
 
 
難しく感じてしまうかもしれませんが、
要は、ブログを作って記事を更新していけばいいんです。笑
 
 
で、何か迷うことがあっても、
僕に相談してもらったら大抵のことは答えられます。
 
 
普通に「お問い合わせフォーム」から連絡してもらったら返事しますので、
都合よく利用してもらったらオッケーです。
 
 
それは、僕にとって、
この記事を読んでくれる読者さんがもっと稼いで自由になって、
自分だけの人生を歩んでくれることが僕の人生の質を高めることにつながるからです。
 
 
だから遠慮なく相談してもらって、
早いとこ「暇なお金持ち」になって一緒に遊びましょう!笑
 
 
どうもありがとうございました。
 
 
 

板倉のメールマガジンあります。


















このメルマガはネットビジネス初心者の方に向けて、
みっちりと基礎を固めてもらうつもりで書いています。


ビジネスは始めが肝心です。


一気に結果を出せる人とそうでない人の差は、
「ゴールが見えているかどうか?」です。


ゴールが見えていなければ、
闇雲に走っても意味がありませんし、
下手したら逆方向に走っている人もいます。


ですので、このメルマガは、
ネットビジネスというフィールドに飛び出す前の、
『地図を受け取る』という作業だと思ってもらえればいいので、

「これからビジネスを始める人」
「すでにビジネスを始めているけど迷子になっている人」
に受け取ってもらえると嬉しいです。


なので、残念ながら、
すぐに役に立つノウハウを求めている方の期待には答えられません。


逆に、 着実にビジネスを進めていきたい方、
正しいマインドを持ってビジネスに取り組んでいきたい方は受け取った方がいいです。


『有料級の情報を提供している』


と、自信を持って言える内容ですが、
全部無料ですし、
いらなくなったらボタンひとつで解除できます。


登録はこちらからどうぞ。


*メールアドレス
*苗字 or ニックネーム