板倉です。
 
 
最近どうも、
「アドモールは詐欺!」
「ヘンタイ!ヘンタイ!」っていう人が増えているように思います。
 
 
稼げていない人ほど、
『アドモール撲滅運動』みたいなことをやっている気がします。
 
 
でもね、
あえて言わせてもらうけどね、
そんなことにエネルギー使ってるからダメなんすよ。
 
 
これは別に、
「アドモール」に限ったことでもないと思うんですけど、
クレーマーとか、「詐欺!」とかすぐ口に出す人とか、
「金返せ!」とか、「ヘンタイヘンタイ!」とか、そういうこと言っちゃうからダメなんですよ。
 
 
今日はそっち系の、
『アドモール撲滅運動』をやっている人たちに向けて言いたいことがあるっていうのと、
この話題を通して、稼ぐ人と稼げない人の決定的な違いってやつに気がついたので、それを紹介していこうと思います。
 
 
よろしくお願いします。

そもそも、アドモールは詐欺ASPなのか?

 
 
僕の意見を先に言っちゃうと、
世間一般的には『詐欺ASP』と言っちゃってもいいと思います。笑
 
 
アドモールの前身は「インフォスタイル」というASPですが、
「インフォスタイル」は詐欺的なことをしていたので、
行政から処分を受けて閉鎖となったASPです。
 
 
アドモールの運営者とか、幹部連中のことを調べてみると、
このインフォスタイルのメンバーがそのままアドモールを立ち上げている感じなので、
「インフォスタイル」が潰れちゃったので、新しく「アドモール」を立ち上げました。って感じだと思います。
 
 
しかし、「インフォスタイル」時代の教訓なのか、
「アドモール」ではそれほど露骨な詐欺行為をしているとは聞かないので、
行政の処分を受けない程度に詐欺まがいのことをしているのではないかと思われます。
 
 
しかし、ここで一つ考えなければならないことがあります。
 
 
それは、「どこからが詐欺なのか?」っていうことです。
 

詐欺とは一体、どこからが詐欺なのか?

 
 
例えば、「オレオレ詐欺」とか、「結婚詐欺」とか、
明らかにお金を騙し取るような詐欺であれば、わかりやすいと思います。
 
 
しかし、ネットビジネス業界で、
しかも「情報商材」となると、その線引きっていうのはかなり曖昧になります。
 
 
〝購入したのに、商品を受け取れなかった・・・〟
 
 
これは明らかな詐欺とわかりますが、
情報商材っていうのは、中身がブラックボックスっていう側面がありますから、
買ってみないとわからないし、開けてみないとわからない・・・。
 
 
つまり、デパートなんかで売ってる「福袋」的なものを買うのと同じで、
購入者側は〝きっと良い物が入っているに違いない!〟と思って買っているはずなんです。
 
 
では、仮に、その福袋に〝良い物〟が入っていなかった場合、
「詐欺だ詐欺だ!」と言うでしょうか?ってことなんですけど、
 
 
まぁ、「詐欺じゃん・・・」ってちょっとだけ呟くかもしれませんが、
「詐欺!訴訟!金返せ!」と言って、店まで行って返金を求める人はいないと思います。
 
 
それは、半分、そういうものだと分かって買っているはずだし、
普通の常識のある人間であれば、「買った自分が悪い」と開き直れるはずです。
 
 
だって、その福袋の中身を見て、
買ったことを後悔する人ももちろんいるけど、逆に喜ぶ人もいるからです。
 
 
そして、同じものをもらっても、
それを「嬉しい」と感じるのか、「嬉しくない」と感じるかは、
もう、その人次第ってことになります。
 
 
福袋を販売しているデパートからしてみれば、
福袋って結構、原価割れしている商品とか入れてるんですよね。笑
 
 
福袋を1万円で販売しているけど、
実はその中身の合計は1万5千円とかだったりします。
 
 
つまり、販売する側が赤字になるくらい、
質の良いものを入れていることが結構多いんですけど、
それでも、自分の好みによって「良い」「悪い」が決まってしまう・・・。
 
 
それは情報商材も全く同じで、
購入者が「満足」すれば良い情報商材だし、
購入者が「不満」に感じたなら、それを「詐欺」と言う人も中にはいるかもしれません。
 
 
なので、
実は「詐欺」と「非詐欺」の間には明確な基準とか線引きはなく、
買った人の気分次第・・・っていうことが言えると思うので、
同じ情報商材を手にしても、「良い」と感じる人もいれば、「悪い」と感じる人もいるってことです。
 
 
だがしかし!
 
 
しかしですよ、
実はもう一つ、「詐欺」と明確に断言できる事案というのがあります。
 
 
それは、
『販売者が完全に騙すつもりで販売している商品』のことです。
 
 
これは、情報商材の世界ではもはや常識と言ってもいいくらい、
そこらじゅうに溢れているのですが、
販売者が完全に購入者を騙すつもりで販売している商品というのは確かに存在します。
 
 
情報商材というのは基本的にブラックボックスですから、
「セールスレター」をうまく書き上げることができれば、
もうそれだけで商品が売れてしまうんですね。
 
 
〝このツールを手にすれば稼げます・・・〟
〝このノウハウで月収200万円は稼げるでしょう・・・〟
〝あなたはコピペするだけで・・・〟
 
 
こういう魅力的な文章を書いて、その商品を売ることだけを目的にします。
 
 
で、
結局は全く稼げないゴミツールを渡して終わり。
っていうのがいつものパターンなんですけど、
そういう情報商材っていうのは完全に詐欺だと思いますね。
 
 
ネットの世界に長いこと精通していれば、
多少の情報リテラシー(情報処理能力)が身についていくので、
そのセールスレターが嘘なのかどうか?見破るのは割と簡単なんですけど、
まだネットの世界にそれほど精通していない人はコロっと騙されたりします。
 
 
それで、
ゴミツールとかゴミノウハウをちょこっと使ってみるんだけど、
全然稼げないので、「詐欺だ!」「金返せ!」とか言ってクレーマーになるんです。
 
 
そういうクレーマーたちが、今、声を上げているその対象が「アドモール」であり、
そういう詐欺的な情報商材を販売しているASPなので、
僕は個人的には信頼できないASPだと思いますね。
 

アドモール幹部たちの本音

 
 
ここでまた考慮しなければならないことがあるんですけど、
それは「ASP」っていうのは、ただの「中継サイト」っていうことです。
 
 
つまり、
「販売者」 × 「ASP」 × 「購入者」
 
というように、
「販売者」と「購入者」をつないでいるただの仲介人ってことなので、
その商品が悪質な詐欺っぽい情報商材だとしても、
それはアドモールが悪いのではなく、「販売者」が悪いってことになります。
 
 
ですので、
「騙された!」とか、「詐欺だ詐欺だ!」って言ってる人達は、
基本的には「アドモール」を叩くのではなく、
「販売者」の方を叩くのが正しい行動だと思います。
 
 
「アドモール」からしてみれば、
〝そんなこと俺らに言っても知らねーよ!販売者に直接言えよ〟
って感じだと思いますので、
 
 
「販売者」 × 「ASP」 × 「購入者」
っていう構図を考えれば、「アドモール」を叩くのはお門違いです。
 
 
だがしかし!
 
 
しかしですよ、
「アドモール」っていうのはただのASPじゃないんですね。笑
 
 
普通のASPであれば、
「クレームは直接、販売者の方に言ってください。」
で話は済むと思います。
 
 
でも、ここが「アドモール」たる所以というか、
悪どい部分なんですけど、要は全部グルなんですよ。笑
 
 
だって、よくよく考えてみればわかると思いますが、
もし、自分がASPの会社を経営するとしたらどうします?
間違っても詐欺まがいの商品を取り扱ったりしないですよね。
 
 
自分のサイトで販売している情報商材が詐欺商材ばかりだったらどうなります?
すぐに悪評が立って誰も利用してくれなくなりますよね。
 
 
健全なビジネスを心がけるのであれば、普通はまずそこを恐れるはずなので、
取り扱う情報商材にはもっと目を光らせるべきだし、
セールスレターの審査ももっと厳しくするべきなんです。
 
 
僕も大手ASPで情報商材を販売していたことがありましたが、
その審査はかなり厳しいものがありました。
 
 
セールスレターで使ってはいけないキーワードとかたくさんあって、
何度も何度もレターを修正して、ようやく審査が通りました。
 
 
でも、今考えてみればわかりますが、
普通はそれくらい厳密に審査すべきなんですよね。
 
 
自分たちのASPに悪評が立たないように気を使うべきなんです。
 
 
でも、「アドモール」はそういう審査をほとんどやっていないので、
これはもう、販売者とASPのグルなんじゃないかと。
 
 
そう考えて間違いないと思いますね。
 
 
「販売者」と「ASP」とさらに「アフィリエイター」がグルになって、
ネット上から騙しやすいカモを見つけてきて、
そういう情報弱者を相手にビジネスをしている。
 
 
そんな構図だと思います。
 
 
ですので・・・
 
 
あ、これ、全部僕の想像ですからね?笑
その前提で聞いて欲しいんですけど、
 
 
ですので、
アドモール幹部たちの本音を言っちゃうと、
「アドモール」は始めから情報弱者を騙すつもりで立ち上げたASPですし、
始めからクレーム上等でビジネスをしてるってことです。
 
 
でなければ、あんなにクソみたいな情報商材を取り扱ったりしないはずだし、
自分たちの名前が汚れるような情報商材を掲載し続ける意味がわかりません。
 
 
そして、いよいよとなれば、
「インフォスタイル」の時と同じように、「アドモール」を閉鎖し、
ほとぼりが冷めた頃に、また違う名前で爆誕すると思います。笑
 
 
それが3年後なのか5年後なのかはわかりませんが、
今は結構「アドモール撲滅運動」がお盛んになってますから、
そのうち「閉鎖」されることはほぼ間違いないと思います。
 
 
なので、「アドモール」幹部たちにとって、
今のこの現状は全て想定内の出来事だし、
「いつやめるか?」っていう頃合いを見計らっている頃合いだと思います。
 
 
「アドモール」というのは、
始めから詐欺と言われることを分かった上で立ち上げたASPとも言えますね。
 

「アドモールは詐欺!」とか言ってるからダメ。

 
 
「アドモールは詐欺」
「アドモール系アフィリエイターは詐欺」
 
 
こういう言葉を使ってしまう時点でダメだし、
それこそ、「アドモール」の術中にはまっているということに気がついた方がいいと思います。
 
 
そういうことに自分のエネルギー使う意味がないってことですね。
 
 
仮にですね、
仮に自分が詐欺っぽい情報商材を買ったとして、
それで返金を求めたところでどうなるんでしょうか?
 
 
今の情報商材は無条件返金ってあまりないので、
「返金しろ!」って言ったところで、大体が返金ってされないんですよ。
 
 
じゃあ、「裁判を起こして返金を求める」とかいう手もあると思いますが、
その裁判に勝利したところで、自分の人生が変化するわけでもありません。
 
 
これは、僕の意見なんですけど、
もし、騙されたとしても、「泣き寝入る」のが一番の選択だと思います。
 
 
いや、なんかこれ、
僕が「アドモール」の手先みたいな感じになってますけど、笑
全然そんなことないんで安心して欲しいんですけど、
さっさと「泣き寝入り」した方が自分の人生レベルで見ても得だと思うんですよね。
 
 
というか、
「自分はこの経験で何を受け取ったんだろうか?」
って考えてみるってことですね。
 
 
例えば、
「いい勉強になった!」と思うかもしれないし、
「次からは騙されないようにしよう!」って思うかもしれないし、
「騙される人の気持ちがわかるようになった!」って思うかもしれないし、
きっと、いろんな気づきを得ていると思うんです。
 
 
でも、騙されたことが悔しくて、
返金とかを求めだすと、そういう大切な気づきを失ってしまうんですよね。
 
 
それが一番もったいない。
 
 
生きていれば誰だって失敗するし、
恥かくこともあるし、騙されることもあります。
 
 
僕もこれまでに海外でいくらでも騙されてきたし、
いろんな罠にハメられて来ましたが、
それは今となっては全部いい思い出になってます。
 
 
むしろ、
「あの時、騙されて良かった・・・」
とすら思っています。
 
 
失敗こそ宝だし、
失敗しながら人は成長していくべきなので、
まずは、その自分のミスを認めることから始めてはどうですか?っていう提案です。
 
 
まぁ、確かに、
「アドモール」の情報商材は情報弱者が反応するようなレターが多いです。
 
 
結構、騙す側も上手いというか、
だんだんこなれて来ているんですよね。笑
 
 
なので、騙されても仕方ないし、
限りなく詐欺に近いようなものですけど、
 
でも、それを「買う」っていう決断をしたのは自分なんだから、
ちゃんと自分の選択に責任を持った方がいいと思いますね。
 
 
自分の人生に責任を持つっていうことから、
人の成長の一歩は始まるような気がします。
 
 
なので、「これ以上、被害者を増やしたくない」っていうのとか、
そういう全部、後付けの理由なんですよ。
 
 
今の自分の行動を正当化したいだけなんですよ。
自分のミスを認めたくないだけなんですよ。
 
 
でもそれって、自分の成長の一番の阻害要因なので、
マジでやめた方がいいと思います。
 
 
「アドモールは詐欺!」とか言ってるからダメなんですよ。
 
 
もっと高い視点で、
もっと広い視野で周りを見渡してみれば、
そういうことを言っていること自体が残念なことに気がつくはずです。
 
 
「自分は器が小さい人間です!」
って自ら宣言しているようなもんです。
 
 
なので、
今、「アドモール撲滅運動」を頑張っている人とかいますが、
さっさとやめた方がいいと思います。笑
 
 
自分の大切なエネルギーをそういう無駄なことに使うんじゃなくて、
「自己成長」っていうところに使った方が絶対人生良くなっていくと思います。
 
 
で、その上で、利用できるものは利用してみたらいいと思います。
 
 
僕も、この記事では「アドモール」のことをボロクソに叩いてますが、
ちゃっかり「アドモール」の情報商材をアフィリエイトしていたりします。笑
 
 
数は少ないですが、
アドモールの中にも本当にいい商材ってあるので、
一番いいのは、そういう良い商材を自分の目で見極められるようになることですね。
 
 
そうすると、
逆に「アドモール」のマウントを取ることができるようになります。
 
 
売りたい商品があれば勝手に売るし、
売りたくなければ売らないよ・・・
 
っていう自分勝手なことができるようになります。
 
 
アフィリエイターっていうのは本来、
それくらい自由であるべきだし、
僕はそんなアフィリエイターを育てていきたいと思ってるんで、
良かったら一緒に、「天涯自由なアフィリエイター」を目指しましょう。
 
 
では、どうもありがとうございました。
 
 
 
 

板倉のメールマガジンあります。


















このメルマガはネットビジネス初心者の方に向けて、
みっちりと基礎を固めてもらうつもりで書いています。


ビジネスは始めが肝心です。


一気に結果を出せる人とそうでない人の差は、
「ゴールが見えているかどうか?」です。


ゴールが見えていなければ、
闇雲に走っても意味がありませんし、
下手したら逆方向に走っている人もいます。


ですので、このメルマガは、
ネットビジネスというフィールドに飛び出す前の、
『地図を受け取る』という作業だと思ってもらえればいいので、

「これからビジネスを始める人」
「すでにビジネスを始めているけど迷子になっている人」
に受け取ってもらえると嬉しいです。


なので、残念ながら、
すぐに役に立つノウハウを求めている方の期待には答えられません。


逆に、 着実にビジネスを進めていきたい方、
正しいマインドを持ってビジネスに取り組んでいきたい方は受け取った方がいいです。


『有料級の情報を提供している』


と、自信を持って言える内容ですが、
全部無料ですし、
いらなくなったらボタンひとつで解除できます。


登録はこちらからどうぞ。


*メールアドレス
*苗字 or ニックネーム