板倉です。

 

今日は、ネットビジネスをやっていく上で、
最も大切と言ってもいいくらいのことをお伝えします。

 

ビジネスの基本中の基本であり、
これを押さえておかないと絶対に上手くいかないっていう領域の話です。

 

それは、
『ターゲットリサーチ』です。

 

「あぁ、なんだターゲットリサーチか・・・」
と思われるかもしれません。

 

「そんなこと知ってるよ」
と思われるかもしれません。

 

でもね、
これはマジでやってみてください。
本気でやってみてください。

 

っていうか、
「ターゲットリサーチ」をやったつもりになって、
テキトーにやって、「はい終わり。」っていう人が圧倒的に多いです。

 

で、
このターゲットリサーチをテキトーにしている人で、
稼げている人を僕は見たことがありません。

 

なので、
今日は「ターゲットリサーチ」の意味と方法というのを解説します。

 

ターゲットリサーチってめんどくさいので、
とりあえずブログ記事を書いたり、
何か他の作業を進めてしまう人が多いですが、

 

それって、穴の開いたバケツに水を汲んでるのと同じくらい無意味なことですから、
絶対にやめた方が良いいと思います。

 

はっきり言って時間と労力の無駄です。

 

それがどれほど愚かな行為なのかということも解説していくので、
よろしくお願いします。

リサーチをやらないと何もかもが無意味。

 

例えば、
自分が何かビジネスを始める時って、
実際にいろいろと事前リサーチをすると思うんです。

 

飲食店をやるんだったら、
どんなお店で、どんな料理を出して、
どんなお客さんがやってきて、
どれくらいの客単価でどれくらいの利益が出るのか?

 

やってみないとわからないことも多いですが、
リアルのビジネスをやるならかなり綿密にリサーチすると思います。

 

しかし、ネットビジネスだと、
リアルのビジネスに比べてそれほどリスクがないので、
「失敗しても大丈夫」という謎の安心感があるのでしょうか?

 

ほとんどの人が簡単に稼げそうだと思って、
この世界に参入してきて、そのままフェードアウトしていきます。

 

なので、まずやるべきことは、
自分が参入しようと思っているビジネスの全体像を知り、
そして、その市場調査をすることから始めたほうがいいです。

 

つまり、リサーチです。

 

自分がビジネスとしてお金を稼ぐのであれば、
どこかの誰かがお金を支払っているわけなので、
そのお金を払うお客さんのことを知らない限りは稼ぎようがないと思います。

 

それは、
一見、お客さんがいないようにも見えるアドセンスなどの稼ぎ方でも同じです。

 

アドセンスだろうがアダルトアフィリだろうが、
サイトアフィリだろうが、なんだろうが、
その先にいるお客さんのことを知らなければ絶対に稼ぐことはできません。

 

例えば、
サイトアフィリのノウハウを実践するとしましょう、
A8ネットなどの物販の商品をアフィリエイトするとします。

 

そこで、
多くの人は、早速サイトを作って記事をいきなり書き始めるのですが、
そんな素人が書いた文章で何かが売れるっていうことは基本的にありません。

 

なぜなら、
全部〝素人の想像〟だからです。

 

その商品について、
誰よりも深い知識があり、
その分野において誰よりも知識があるなら別ですが、
ネットビジネス初心者の人ほど、全部テキトーに物事を進めようとします。

 

とりあえずサイトを作って、
とりあえず記事を書いて、
とりあえずアフィリリンクを貼り付けて、
とりあえず様子を見る・・・。

 

確かに、それも一つの手段ですので、
それで自分が成長していくのであればアリです。

 

とりあえず、色々行動してみて、
実際にやってみて気づくこともたくさんあるでしょう。

 

いや、多分行動すればするほど、
「今のやり方では稼げない」ということに気がつくはずです。

 

なので、
とりあえずでも行動していれば、
確実に「成功」へは近づいていきます。

 

しかし、問題はその後なんですね。

 

ここでようやく「リサーチ」の重要性に気がつく人が10%、
残りの90%は「こりゃ、あかんわ・・・」っていうことで諦めます。

 

なので、まだ成果が出ていない人全員に言えることは、
「リサーチが一番大事」っていうことなんですね。

 

僕もコンサル生には口を酸っぱくして、
何度も何度もくどいくらい言っていますが、
リサーチに最も時間と労力をかけてください。

 

テキトーに記事を書いて、
テキトーにタイトルを決めて、
テキトーに見出しを書いても商品は売れません。

 

それは、全部、書き手の想像上のことであり、
ターゲットに響く文章を書くことができないからです。

 

なんとなく綺麗事を並べて、
「これがオススメですよ!」とか、
「これはこういうメリットがありますよ!」とか、
売れそうな言葉を並べてみるのですが、
それって、実は、ターゲットが求めていることではなかったりします。

 

的外れで見当違いな文章を書いちゃってるってことですね。

 

ターゲットからすれば、
「何言ってんだこいつ?」
っていう感じで見向きもされません。

 

家電量販店に行って、
新人アルバイトに何を説明されても全然買う気にならないのと同じ現象ですね。

 

素人のセールストークほどウザいものはないです。

 

だから、僕らはリサーチしないといけないんです。

 

セールストークを磨くために。

 

よく、コピーライティングの世界では、
誰か特定の人をイメージしながら文章を書く、
ということを言われたりしますが、
リサーチをしていないと、その特定の人のイメージすら湧かないと思います。

 

漠然とぼんやりしたターゲットをイメージしながら、
ぼんやり文章を書いていながら、

〝思ってたより売れないな・・・〟

って悩んでいる人が多いですが、
それはもう当然のことです。

 

ターゲットの心に刺さる文章が書けてこそ、その商品は売れるし、
ターゲットの心が理解できるからこそ、「刺さる文章」というのが書けるんです。

 

なので、
リサーチをせずに文章を書いているのだとしたら、
それってもう、「見向きもされない文章」ですから、
書くだけ無駄っていうか・・・、

完全に無駄とは言いませんが、時間と労力の浪費だと思いますね。

 

なので、
成果をあげたいと思うのであれば、
ちょっと面倒かもしれませんが、
ターゲットリサーチに一番時間と労力をかけてみてください。

 

本当に結果はついてきますから。

ターゲットリサーチの方法

 

ターゲットリサーチにはいろんな方法がありますが、
その方法は大きく分けて3つあります。

 

1、ターゲットに売れているネット上のコピーを読む
2、ターゲットのコミュニティに飛び込んでみる
3、実際の足を使って生の声を聞く

 

順番に解説していきます。

 

まず、1つ目の方法ですが、
『ターゲットに売れているネット上のコピーを読む』

 

こちらは、例えば、
ある育毛剤の商品をアフィリエイトするとしましょう。

 

育毛剤で「売れてる育毛剤」というのがあるはずです。

 

最も売れてる育毛剤というやつですね。

 

で、
ネット上にはその育毛剤の販売ページがあるはずです。

 

ターゲットは最終的に、
その販売ページを読んで購入を決断するわけなので、
その販売ページにはターゲットが反応するたくさんの〝仕掛け〟が隠されていると推測できます。

 

実際、
現在進行形で「売れている」わけですから、
そのレターなりコピーなり販売ページには、
ターゲットにとって魅力的な言葉がたくさん散りばめられているはずです。

 

僕らはそのコピーから、
・どの文章にターゲットは反応したのか?
・どのキーワードにターゲットは反応したのか?
・どこで購入を決断したのか?

 

このような目線でリサーチしていくことで、
自然にターゲットの心理が読めてくるはずです。

 

もちろん、これはたった一回で終わるようなものでもなく、
いろんなライバルのいろんな商品のコピーを研究するべきです。

 

例えば、育毛剤であれば、
「アデランス」とか「リーブ21」とかのテレビCMを見てみるとか、
そのテレビCMのナレーションを全部文字起こししてみるとか、
色使いとか、音楽とか、モデルの年齢層とか、
いろんな角度で再生と一時停止を何度も繰り返して研究するんです。

 

それが本当のターゲットリサーチです。

 

『どこに反応したのか?
 どこがターゲットの心に響いたのか?』

 

こういう視点でライバルの商品やコピーを研究してみてください。

 

こちらがターゲットリサーチのまず1点目、
『ターゲットに売れているネット上のコピーを読む』です。

 

続いて、
2つ目のターゲットリサーチ法です。

『ターゲットのコミュニティに飛び込んでみる』

 

こちらも、
ネット上のコミュニティで大丈夫です。

 

例えば、
僕は以前、料理基礎を学ぶことができる情報商材を販売していたのですが、
その時のリサーチに使ったのが「クックパッド」です。

 

「クックパッド」というレシピサイトがあるのですが、
そのサイト内に掲示板がありました。

 

料理の悩みや相談など、
クックパッドを利用する人が料理について活発に意見を交換する掲示板があったのですが、
僕はその掲示板からターゲットリサーチをさせてもらいました。

 

一日中、掲示板に張り付いて、
過去の掲示板までさかのぼって徹底的に調査をし、
さらに自分も主婦になりきって意見交換をして、
たくさんのターゲットと交流させてもらいました。

 

そのおかげか、
ターゲットがどんなことに悩んでいるのかわかったり、
ターゲットの中でも意見が分かれる事があったり、
料理が嫌いな人の共通点などが視えて来て、
のちの文章を書くときに大いに役立ちました。

 

ターゲットリサーチというのは、
コピーライティングの世界ではセールスレターを書くときにやるもの。

という風潮がありますし、
そのように勘違いしている人も大勢いますが、
文章を書くのであれば、そのすべての文章に影響を及ぼすのがリサーチです。

 

つまり、相手のことをどれだけ知っているか?
ということなのですが、

 

相手のことをどれだけ知っているか?
ということが、ブログ記事でもステップメールでもセールスレターでも、
非常に重要になってきますし、それは雰囲気として相手に伝わるものです。

 

そうなんです、
なぜか、伝わるんです。

 

これは言葉を超えた概念なのかもしれませんが、
リサーチしている人と、リサーチしていない人、
つまり、相手のことをしっている人と、
相手のことをしらない人とでは、
同じ意味合いのことを言っていたとしても、
なぜか片方は「共感」を生み、片方は「反感」を生みます。

 

なぜか、無意識の領域で相手にそれが伝わります。

 

その理由はまだ科学的に解明できないことなのかもしれませんが、
僕は確実に何かそういう力が働いていると思います。

 

雰囲気とか、非言語の部分というか、
オーラというか、〝なんとなく伝わるもの〟です。笑

 

すいません、話がちょっと逸れましたが、
そうやって、ターゲットが集まっているコミュニティに飛び込んで、
その中で交流をすることで、ターゲットの思考回路とか、
普段使っている言葉使いとか、目に見えることから目に見えないことまで、
どんどん自分の中に色んな情報が流れこんできます。

 

なので、
リサーチをしたからといって、
別に何かをするわけじゃないんです。

 

多少、つけそうなキーワードなどはメモに残したりしますが、
基本的には〝交流するだけ〟で大丈夫です。

 

あとは何もしなくて大丈夫です。

 

つまり、
自分の中に、ターゲットの感情とか考えとか思考とか、
色んな非言語の情報も含めてインストールできたらそれでオッケーってことですね。

 

あとは文章を書くときに、
その膨大な情報をもとに勝手に文章が書けますから、
思いのままに書くだけでターゲットに響く文章というのが書けます。

 

自分の中に「ターゲット情報」をインストールしてしまえば、
あとは勝手にそのプログラムがバックグラウンドで稼働して、
自動で文章が書けるので、何もしなくて大丈夫です。

 

人間の脳ってすごいですよね。笑

 

こちらがターゲットリサーチ方法の2点目、
『ターゲットのコミュニティに飛び込んでみる』
です。

 

そして、3つ目、
『実際の足を使って生の声を聞く』ですが、
こちらも僕の実体験のお話をしたいと思います。

 

僕は料理の情報商材を販売していたのですが、
その商品を作成する過程や、セールスレターを書く際、
とにかくリサーチを徹底してやりました。

 

その中の一つに、

『近所のスーパーに行って用もなく2〜3時間ウロウロする』
っていうことをやったことがあります。

 

近所のスーパーというのは、
自分の販売する商品のターゲットである主婦がたくさんいますから、
そのターゲットの行動を観察して、何か情報を得ようと思ったわけです。

 

それで、近所のスーパーで、
いろんな主婦を観察しました。

 

服装はどんな服装なのか、とか、
年齢層はどの層が多いのか、とか、
買い物かごの中身を覗いたり、とか、
何日分の食材を買うのか、とか、
今晩のおかずは肉じゃがかな?とか、
一番売れてる商品は何かな?とか、
一回の買い物で平均いくら使うのか?とか、

 

とにかく、スーパーの中をウロウロして、
主婦という主婦をずーと観察してました。

 

そうすると、
何となく「主婦」という生き物のことがわかってくるんですね。

 

そして僕は、
主婦というのは料理に悩んでいるのではなく、
「食費がかかる」ということに一番頭を悩ませていることに気がつきました。

 

これには僕もビックリしました。

 

主婦は自分の料理の腕前よりも、
「食費」のことを一番気にしていたのです。

 

なので、
その商材には「食費を抑える」という切り口を加え、
セールスレターにも、「食費を抑える」ということを前面に出して販売しました。

 

もし、このリサーチをやっていなかったら、
僕は勝手に「主婦は料理の腕を上達させたいに違いない」と判断し、
全くターゲットの反応しない商品を作っていたことでしょう。

 

ターゲットの反応しない広告文、
ターゲットの反応しないステップメール、
ターゲットの反応しないセールスレター、
ターゲットの反応しない商品、

 

本当に自分勝手で自己満足で売れない商品を作っていたことでしょう。

 

なので、
今自分の中にあるターゲット像というのは、
『自分が勝手に作り出した幻想』だと思った方がいいです。

 

本当のターゲットは思いもよらないことで悩んでいるんです。

 

ターゲットの本当の悩みというのは、
自分の足を使って地道にリサーチした人間にしかわからないものなんです。

 

だからリサーチが重要なんです。

 

リサーチをしていないから
広告文も空振り、
ステップメールも空振り、
セールスレターも空振り、
サイトの記事も空振り、
アフィリリンクも空振り、

 

3者凡退もいいとこです。

 

実際に自分の足を使って、
ターゲットについて徹底的に調べ尽くすこと。

 

そうすると、必ず奥の奥の方に〝何か〟が見えます。

 

その〝何か〟を見つけた人が成功する人です。

 

いいコピーを書く人であり、
いい文章を書く人です。

 

逆に、その何かがわからない限り、
何やってもダメです。

 

なので、これからビジネスを始める人は、
ターゲットリサーチが一番重要なんだなと覚えておいてください。

 

もうすでにビジネスをやってるけど、
思うように成果が出ていない人は間違いなくリサーチ不足が原因です。

 

どんなノウハウだろうと関係ありませんので、
リサーチに最も時間と労力を使うようにしてください。

 

正直、リサーチというのは大変です。

 

面倒だし、
地味な作業だし、
結果が見えにくい作業です。

 

でも、一番大事です。

 

そして、多くの人が真剣にやらないからこそ、
やったら強いんです。

 

ぜひ、もう、〝そういうもの〟だと諦めて、
ターゲットリサーチを地味に続けてください。笑

 

逆にやらないとか、
「稼ぐつもりありません」
と言ってるのと同じことだと思ってください。笑

 

で、何か実践したら、
ぜひ、報告してくださいね!

 

多分、報告でもして誰かに認めてもらわないと頑張れない作業なので・・・笑

 

では、今日は以上です!
どうもありがとうございました!

 

 

板倉の記事一覧へ

板倉のメールマガジンあります。


















このメルマガはネットビジネス初心者の方に向けて、
みっちりと基礎を固めてもらうつもりで書いています。


ビジネスは始めが肝心です。


一気に結果を出せる人とそうでない人の差は、
「ゴールが見えているかどうか?」です。


ゴールが見えていなければ、
闇雲に走っても意味がありませんし、
下手したら逆方向に走っている人もいます。


ですので、このメルマガは、
ネットビジネスというフィールドに飛び出す前の、
『地図を受け取る』という作業だと思ってもらえればいいので、

「これからビジネスを始める人」
「すでにビジネスを始めているけど迷子になっている人」
に受け取ってもらえると嬉しいです。


なので、残念ながら、
すぐに役に立つノウハウを求めている方の期待には答えられません。


逆に、 着実にビジネスを進めていきたい方、
正しいマインドを持ってビジネスに取り組んでいきたい方は受け取った方がいいです。


『有料級の情報を提供している』


と、自信を持って言える内容ですが、
全部無料ですし、
いらなくなったらボタンひとつで解除できます。


登録はこちらからどうぞ。


*メールアドレス
*苗字 or ニックネーム