板倉です。
 
 
人の意思なんて全くアテになりません。
 
 
「絶対月収100万円!」
と意気込んでみたものの、
しばらくしたら嘘みたいにやる気がなくなってしまった。
 
っていうのは、
よくあることだし、当たり前のことだと思います。
 
 
そもそも人は自分の意思の力を勘違いしすぎてるというか、
過大評価しすぎているのではないか?
ということに気がついたので、
その辺りのことについて今日は切り込んでいくことにします。
 
早速逝ってみましょう。
 

人の意思など、すぐに萎えて当たりまえ

 
僕の経験で言えば、
「庭にピザ釜作るぜ!」
とか言って、設計もして、材料も買って、
結局1年くらい放置したことがあります。笑
 
 
あとは、
・毎日ブログを更新する!
・毎日家のどこかを掃除する!
・貯金する!
・朝6時に起きて有意義な時間を過ごす!
 
こんなのは3日で忘れました。笑
 
 
特に、続けるっていうジャンルが難しいですよね。笑
 
続けるっていうことはもう、
習慣を変えるっていうことで、
習慣って本当に心の底から〝変えないといけない!〟
って思ってないとなかなか変わらないですよね。
 
 
・毎日3キロランニングする
・毎日筋トレをする
・毎日本を読む
 
こういう〝習慣系〟は、
意思の力だけでは毎日継続して、
しかもそれを何年も続けるって難しいと思います。
 
 
それなのに、人はなぜか自分の意思の力を過信し、
なぜか、できると思ってしまう。
 
 
その「なぜか」の部分を僕なりに追求していった結果、
割と信ぴょう性の高い答えにたどり着きました。
 

なぜ人の意思はすぐ〝萎える〟のか?

 
多分ですけど、
僕なりに色々検討してみた結果、
「人の感情」というものに大きく関わっているような気がしています。
 
 
「人の感情」の仕組みって、
専門家じゃないんでよくわかんないですけど、
多分、「水面」みたいなものなんじゃないかと思ったんですね。
 
 
普段、何もない時は波も立っていなくて、べた凪状態で、
超フラットな状態ですね。
 
 
でも、何か外からの刺激を受けると、
その水面に大きな変化が起こります。
 
 
例えば、
・臨時ボーナスが入った
・知らない人に舌打ちされた
・大切な人が亡くなった
・海で泳いでてお魚と目があった
 
などなど、
外的な要因があって、
感情というものは変化するのではないかと。
 
 
水面に36型のブラウン管テレビを投げ込んだときみたいに、
バシャッとしぶきがあがって、水面が大きく波立ちます。
 
 
で、しばらくは余韻が残ってるんですけど、
時間が経てばまた穏やかな水面に戻るんですよね。
 
 
こういう風に、
人間の感情って『すぐに移り変わる性質』があると思います。
 
 
つまり、
何か外的刺激を受けて、
一時的にやる気になったとしても、
時間が経てば、ほら元通り。笑
 
 
「心がポキっと折れる」というより、
やる気という感情の波が元に戻っただけ。
 
 
ということなのではないだろうか?
僕なりにそんな仮説を立ててみたわけであります。
 
 
そうやって考えていくと、
これはもう人間として生まれて、感情っていうものを持っている限り、
逃れられない宿命的なものなのかなと思います。
 
 
だから人は三日坊主になるし、
一時的な感情で、できもしないことを理屈抜きに「できる!」と思ってしまったり、
何かの影響で一時的にパワーアップしたような気になるんだと思います。
 
 
でも、逆に良いこともあって、
どんなに悲しいことでも、
どんなに辛いことでも、
時間が経てば〝忘れさせてくれる〟というメリットもあります。
 
 
むしろ、こっちの方が人間の感情が生まれた本当の目的なのでは?
と思います。
 
 
とても辛いことがあったとして、
その感情がずっとそのまま鮮明に残ってしまったら、
健全な精神状態を維持できないですよね。
 
 
もしかしたら自殺しちゃうかもしれないし、
我を忘れて、自我が崩壊してしまうかもしれません。
 
 
だからそうならないように、
「感情」というものは基本的に「忘れる」ようにできているんだと、
完全に予想ですけど、僕はそう思います。
 
 
よく、「心が折れる」っていうけど、
『あっ、今心折れた!』
っていう瞬間って、あんまなくないですか?
 
 
どっちかっていうと、
だんだん気持ちが落ち着いて行って、
気がついたら、「そういえばやらなくなったな」
っていうことの方が多くないですか?
 
 
だから、
「なぜ人の意思はすぐに萎えるのか?」
という問いに僕なりに回答させてもらうとしたら、
『感情の波は必ず静まるから』
 
っていう答えに行き着きます。
 

感情の波を自ら起こせ!

 
感情の波は外的刺激によって起こるというのなら、
自ら意図的に起こすことも可能なのではないか?
 
僕はそのように仮説を立ててみました。
 
 
例えば、
「もう終わったことなのに思い出すだけでなんかイラ立つ」
 
 
こういう経験って割とあると思うんですけど、
何かムカつくことがあったとして、
人間なら誰しもその瞬間はムカつくんです。
 
 
どんなにビジネスで成功している人でも、
どんなに紳士的な人でも、
お釈迦様もキリストも、
人間なら必ず、〝反応〟として持っているものです。
 
 
でも、「怒り続けてる人」と、
「すぐに切り替えられる人」がいます。
 
 
その〝違い〟はなんだろうか?
って考えてみると、
自分で「怒り」という感情の波を
自分で「俺は怒ってるぞー!」とか言って、
バシャバシャやってるだけなんじゃないかと思いました。
 
 
そのまま放っておけば静まるのを、
わざわざ波立たせる。
 
 
だから怒り続けることになるのではないかと。
 
 
「訴訟」とかまさにそうですよね。
 
もう終わってることなのに、
「納得がいかない!」
「謝罪しろ!」
「金払え!」とか言って、
 
自分の中の「怒り」という感情を増幅させ、
そこに自分の時間とか労力とかエネルギーを浪費してしまう。
 
 
訴訟を起こすっていうのは、
怒りを増幅している人の典型です。
 
 
そんなことにエネルギーを注ぐより、
もっと自分の未来が明るくなることにエネルギーを注いだ方が、
よっぽど有意義だと思うんですけど、
感情に振り回されてる人って視野が狭くなっちゃうので、
もしかしたら自分では気づけないのかもしれません。
 
 
そうやって、「怒り」の感情を増幅させている人がいるってことは、
逆に考えれば、「やる気」の感情も増幅できるはずです。
 
 
「やる気」も外的刺激によって引き起こされるので、
例えば、
『全知全能の神』みたいな人が空から「ふぁ〜」っと突然降りてきて、
 
「君・・・、将来〝びっぐ〟になるよ」
 
とか言って、ふぁ〜って空に帰って行ったら、
結構、やる気でるじゃないですか。笑
 
だって神のお墨付きですよ!?
 
「やった!俺ビッグになるんだ!がんばろ!」
ってなるじゃないですか。
 
 
でも、しばらくしたらそのやる気も静まって行って、
 
「あいつは・・・本当に神だったのだろうか?」
「もしかして、夢だったのではないだろうか?」
「俺みたいな普通の凡人がビッグになれるのだろうか?」
「そういえば、〝びっぐ〟の発音がもろカタカナ英語だったのが気になる・・」
 
 
ていう感じで、
だんだん不安になってきちゃって、
自分の「やる気エネルギー」がどんどん下がっていっちゃうんですよね。
 
 
で、そこで何もしなかったら、
「普通の凡人」で終わっちゃうかもしれないですが、
「やる気エネルギー」が上がっていくような刺激を与えてやれば、
「びっぐ」な男になれる可能性は上がりますよね。
 
 
その「刺激」っていうのは、
僕で言えば、
 
・元気な人に会いに行って沢山喋る
・魚釣りに行く
・瞑想する
・植村直己さんの「青春を山に賭けて」を読む
・自然が感じられる場所に行く
 
っていう感じの「刺激」を与えてやることにしています。
 
 
自分でやる気が上がる行動をとって、
自分で感情の波を起こして、
さらにその波に乗ってサーフィンをするイメージです。
 
 
この、「刺激」は多分人によって違ってくるので、
自分だけの「やる気が満ちてくる行動マニュアル」
みたいなものを作って、
「やる気が下がってきたなー」
っていう時に見て対処するとマジで効果的です。
 
 
ポイントとしては、
・やる気エネルギーの高い人に会いに行く
・自分のやる気エネルギーが上がる行動をとる
・自分のやる気エネルギーが上がる場所に行く
 
などがオススメなので、
そういうのを自分なりに分析してみて、
いろいろマニュアルを作ってみると面白いと思います。
 
 
で、
最強のやる気エネルギー増幅機があるので、
それを次項で紹介してこの記事を締めくくりたいと思います。
 

最強の「やる気エネルギー」増幅装置

 
これは、僕の実体験から学んだことなので、
割と信ぴょう性が高いと思うのですが、
 
 
『そういう環境に身を置いてしまう』
 
 
というのが、
一番簡単で一番強力です。
 
 
ネットビジネスで成功したかったら、
ネットビジネスで成功している人たちのコニュニティとか、
そういう人が沢山いる場所に身を置いてしまうってことです。
 
 
そういう環境に身を置いてしまうことで、
勝手にやる気エネルギーが流入してきて、
勝手に頑張りたい欲求が生まれてきて、
めちゃくちゃがんばるんだけど、
でも、当の本人は『努力を努力と思っていない』
っていう状態が生まれます。
 
 
こうなっちゃうともうこっちのもので、
あとは勝手に成功するのを待つだけ・・・。
 
みたいなことが本当に起こります。
 
 
そうやって、自分の中のやる気とかワクワク感とか、
元気がみなぎってくる感じとか、
そういう「感情」を客観的に見つめて、
自分の中でコントロールできるようになると、本当に強いです。
 
 
人の意志の力なんて、本当にアテにならない。
 
 
っていうことを知っていれば、
そんなものに根拠もなく身をまかせるなんてことはせず、
「感情」を自在にコントロールして目標達成をする。
 
 
という根本的な思考にたどり着けるはずです。
 

板倉的目標達成術

 
つまり、
「成功するまで続けろ!」とか
「努力しろ!」とか
「もっと頑張れ!」とか
そういう体育会系のノリって、意味ないんです。笑
 
 
精神論で成功するわけじゃなくて、
大事なのは自分の「感情」を捕まえることです。
 
 
僕は自分の「感情」というものを客観的に観察してきて、
信頼できるメンターとか、
そのメンターが作っているコミュニティなどに積極的に参加して、
 
 
「どれくらい自分のやる気が増幅されるか?」
っていうのも色々と検証してきましたし、
 
 
僕はこれまで便利屋という職業をしていて、
常に新しいことに挑戦し続け、
プロとして常に〝できないこと〟に挑戦してきました。
 
 
その経験などから、
目標達成に必要なものがいくつかみえてきました。
 
 
・「感情」をコントロールすること
・お手本を見つけること
・実践すること
・明確なゴール設定
 
などなど、たくさんあるのですが、
『環境に身を置く』
ということをするだけで、
その全てをクリアすることができ、
それが一番目標達成の近道だという結論に達しました。
 
 
だから、
ネットビジネスで成功しようと思ったら、
一人でやってても多分普通の人はうまくいかないので、
環境に身を置くということを選択肢の一つに入れてみてはどうでしょうか?
 
 
そして、メンターを見つけて、
その人が運営しているコミュニティに思い切って飛び込んでみる。
 
 
で、
そういう人がやっているコンサルとかコミュニティに参加するのに、
多分、30万円とか50万円とかのお金が必要になってくるので、
そこは自分の時間と労力を使って、
コンビニバイトでも警備員バイトでもなんでもやって、
なんとかお金を捻出して、とにかく参加するっていう感じですね。
 
 
とにかく参加さえしてしまえば、
あとは勝手に現実が動き出し、
勝手に自分も変わって、環境も生活も変わって、
半年後1年後にはもう別人のようになっていると思います。
 
 
最初の時間と労力を使って、
参加費用を捻出するところが一番のネックですが、
ただぼーっとバイトしてるより、
 
「このお金で自分に投資するんだ!」
 
っていう気持ちで働いていた方が、
なんとなく精神衛生上的にもいいような気がします。
 
 
まだ結果が出ていない初心者の方は
そうやって最初のうちは時間と労力を投資してみるっていう感覚があるといいのかもしれません。
 
 
まだ成功していない状態でも、
自分の持っているリソース(資産)を見つめ直してみるんです。
 
 
そうすると、「健康な体」とか「自由な時間」とか、
いろいろ見えてくると思うので、
それをまずは肉体労働でもアルバイトでもなんでもいいから投資してみる。
 
 
そうすると、その自分のリソースがお金に変わります。
 
 
そうやって生み出した「お金」というエネルギーを、
今度は信頼できるメンターの元で、「勉強代」に投資する。
 
 
そこで得られる体験とか経験とか知識によって、
さらにまた自分のリソースが増え、
 
 
またそのリソースを使って自分のビジネスを立ち上げる。
 
 
そこからまたお金が流入してきて、
どんどん自分を中心にエネルギーが循環していけば、
必ず、ビジネスはうまくいくようになります。
 
 
決して精神論的な話ではなく、
もっと具体的な、自分の「時間」とか「労力」とか「お金」を
どう、うまく使って、どう人生を好転させていくか?
っていうお話です。
 
 
もしよろしければ参考になさってくださいね!
応援しています!
 
 
ではどうもありがとうございました。
 

板倉のメールマガジンあります。


















このメルマガはネットビジネス初心者の方に向けて、
みっちりと基礎を固めてもらうつもりで書いています。


ビジネスは始めが肝心です。


一気に結果を出せる人とそうでない人の差は、
「ゴールが見えているかどうか?」です。


ゴールが見えていなければ、
闇雲に走っても意味がありませんし、
下手したら逆方向に走っている人もいます。


ですので、このメルマガは、
ネットビジネスというフィールドに飛び出す前の、
『地図を受け取る』という作業だと思ってもらえればいいので、

「これからビジネスを始める人」
「すでにビジネスを始めているけど迷子になっている人」
に受け取ってもらえると嬉しいです。


なので、残念ながら、
すぐに役に立つノウハウを求めている方の期待には答えられません。


逆に、 着実にビジネスを進めていきたい方、
正しいマインドを持ってビジネスに取り組んでいきたい方は受け取った方がいいです。


『有料級の情報を提供している』


と、自信を持って言える内容ですが、
全部無料ですし、
いらなくなったらボタンひとつで解除できます。


登録はこちらからどうぞ。


*メールアドレス
*苗字 or ニックネーム