板倉です。
 
 
前回の記事でもちらっとお伝えしたのですが、
(実際にアフィリエイトで1万円稼ぐ方法)
 
 
アフィリエイトの本質というか、
もうビジネスの本質ですね。
 
 
そのことについて今回は言及していきたいと思います。
 
 
早速参りましょう。

ビジネスの本質とゴール設定

前回もお伝えしましたが、
ビジネスの本質とは、
 
「価値の提供」
「信頼関係」
 
この2つをクリアすることにあります。
 
 
ビジネスっていうのはお金儲けのことで、
お金を手に入れるためにやる経済活動のことです。
 
 
お金をもらうということは、
相手に何か、商品やサービスを提供するということで、
そういうことをまとめて「価値の提供」と僕は呼んでいます。
 
 
つまり、逆に「価値の提供」ができていなければお金をもらうことはできないし、
ビジネスとして成り立たないという理論です。
 
 
なかなかイメージしづらいテーマだと思うので、
実際に存在する企業がやっていることなんかを観察して、
そのロジックを探っていくことにします。

世の中のビジネスの価値提供事例

「価値を提供してお金をいただく」ということは、
当たり前ですが、その分野に関してお客さんよりプロフェッショナルでなければなりません。
 
 
僕は便利屋という仕事をしていましたから、
家で起こるトラブルはほとんど自分で解決してきました。
 
 
それは、
専門業者を呼ぶくらいなら自分でやった方が安上がりだし、
わざわざ業者を呼んでお金を払うまでもないからです。
 
 
お金を払うということは、
 
自分ではできないから、
専門のプロに代わりにやってもらうわけですよね。
 
 
だから世の中の仕事と言われるものは本来、
できないことをやってあげるものなのです。
 
 
そう考えると、
お客さんにできないけど自分にはできること。
 
 
それを探し出して、
やってあげればお金が手に入るということですよね?
 
 
これがビジネスの基本的な考え方であり、
一番の根本となる考え方になります。
 
 
ちょっと抽象的なので
その具体例をいくつかご紹介していきます。

農家

野菜を作るのは大変です。
 
 
お米を作るのにも田んぼがいるので、
お客さんは自分では作れないからお金を払って買うわけですよね。
 
 
これは立派な価値の提供です。

学習塾

学習塾に通うのはお子さんですが、
お金を払うのはだいたい親御さんです。
 
 
これも自分では子供に勉強を教えることができない、
もしくは教える時間がない、などの理由から
お金を払った方が手っ取り早いからです。
 
お子さんを立派な学校に進学させる。
 
 
学習塾はそういう価値提供をしているビジネスです。

ミュージシャン

ちょっと飛び道具的な考え方になりますが、
ミュージシャンというのも、自分ではその音楽を作ることができないから
お金を払って「音楽」という商品を買うんです。
 
 
全く同じものか、もしくはそれ以上のものを自分で作ることができたら
そのミュージシャンにお金を払うということはしないはずです。
 
 
「音楽」という商品を販売しているのがミュージシャンであり、
人を感動させる、楽しませる、というのが価値提供になっています。

浮浪者、ホームレス

かなり飛び道具的な考え方になりますが、
浮浪者っていうのも実は価値の提供をしていたりします。笑
 
 
よく空き缶を置いて駅のホームとかに座り込んでいますが、
浮浪者はどんな価値提供をしていると思いますか?
 
 
僕なりの答えを言うと、
「お金を恵んであげたという満足感」
という価値の提供を行っていると考えています。
 
 
普通は浮浪者が駅で座り込んでいても、
お金を恵んであげようとは思わないはずです。
 
 
しかし、何か嫌なことがあった人とか、
何か辛いことがあった人とか、
精神が不安定な人というのは、
〝何かいいことをして精神を安定させたい〟
と無意識下で考えています。
 
そこに浮浪者が登場するわけです。
 
 
わずかなお金を恵んでやり、
自分の心に落ち着きを取り戻したいのです。
 
 
だから、浮浪者とかホームレスは、
相手に「満足感」や「精神的な安定」という価値提供を行っていることになります。
 
それもお客さんは自分ではそれができないからです。
 
 
こうやって考えていくと、
世の中の商品やサービスというのは全て、
お客さんが自分ではできないことを代わりにやってあげて
お金をもらっているということになります。
 
 
なかなか面白いですよね。

信頼関係はなぜ必要か?

価値の提供はもう既にご理解いただけたかと思います。
 
 
次に「信頼関係」についてですが、
まず、なぜ信頼関係が必要なのか?
ということについてお伝えしていきます。
 
 
ちょっとイメージしてもらいたいのですが、
逆にビジネスをする側になったとして、
例えば街で、
「お米作ったんで買ってください!」
「お子さんを有名大学に行かせます!」
「僕が作った音楽CD買ってください!」
「お金恵んでください!」
 
と言ったところで、
その価値を提供できるでしょうか?
 
 
もちろん、プロフェッショナルであるという前提で考えますが、
価値提供だけを考えてもモノは売れないんです。
 
 
お客さんは、自分ではできない「価値」を求めていることは確かなのですが、
「誰から買うか?」ということに関しても相当シビアに見ています。
 
 
わざわざ街で初めて会った訳のわからないやつにお金を払う理由がないんです。
 
 
だってよくよく考えたら「怖い」ですよね。笑
 
「僕が作ったお米買ってください!」
って言っても、
普通はどこの誰が作ったかもわからない食べ物を口に入れたくないですよね。
 
 
毒が入ってるかもしれないし、
ションベンがかかってるかもしれないんです。
 
 
「どうせ買うならもっと安心できるところから買いたい!」
というのがお客さんの心理なんです。
 
 
学習塾でも同じで、
「僕が必ずお子さんを有名大学に入学させます!」
とかいくら言われても絶対お願いしないですよね。
 
 
大事なお子さんであり、
大事なお金であるからこそ、
こういう決断には慎重になるはずです。
 
 
だって、もし万が一、どうしようもない家庭教師もどきみたいなことをされて、
「現役で大学に合格できなかったら最悪」
とか親だったら考えちゃうかもしれないですよね?
 
どうせだったらもっと名の通った実績のある塾に入れさせたいと思うのが普通です。
 
 
ミュージシャンも、
「僕のCDマジでいいから買ってください!」
って言っても誰も買ってくれないはずです。
 
 
っていうか、
そんなに簡単に売れてたら、
もっと世の中ミュージシャンだらけになっていてもおかしくありません。
 
 
「お金恵んでください!」
とかも最悪ですよね。笑
 
なんでわざわざお前にお金あげなきゃなんないの?
 
って逆ギレされる可能性すらあるので、
絶対にやっちゃダメな行為です。笑
 
 
これが「信頼関係」というやつです。
 
 
人の心理として、
お客さんはなるべく信頼できるところから買いたいんです。
 
 
どこの馬の骨ともわからないような輩には
僕だって一円も払いたくありません。
 
 
しかし、
仮にですよ、
仮に、その人がすごく信頼できる人だったらどうでしょうか?
 
 
例えば、
自分が尊敬している人だったらどうでしょうか?
 
 
「頑張ってお米つくったんで、
 ちょっと買ってくれませんか?」
って尊敬する人に言われたら普通に買いませんか?
 
 
「お子さんの勉強を見させてくれませんか?」
「すごくいいCDが出来たんで聞いてもらえませんか?」
「お金かしてくれませんか?」
 
って尊敬する人に言われたらどうでしょうか?
 
 
まぁ、最後の「お金かして」はその時点で尊敬できない人に該当しちゃいそうなんで、笑
断る場合もあるかもしれませんが、
僕だったら全部OKっていう回答をします。
 
 
問答無用で、「はい!買います!」
って言っちゃいます。
 
 
それは完璧に「信頼している」からですよね。
 
 
よく、
「この人に言われるとなんかムカつくけど、
 でも、あの人に言われると本当にそうかもしれないと思う。」
っていう状況あると思うんですけど、
結構それに近いかと思います。
 
 
結局同じこと言われてるんだけど、
でも、言われる人によって全然受け取り方が違ってくるっていうアレですね。
 
 
ムカつく人に「これ、こうしたほうがいいよ」って言われるとムカつくけど、
尊敬してる人に言われると素直に従っちゃう感じですね。笑
 
 
人間ってそういうとこあると思うし、
そういう矛盾も常に自分の中にあると思うんですけど、
それも全部「信頼関係」で説明がつくんですよね。
 
 
信頼関係が深ければ深いほどモノは売れやすくなります。
 
 
逆に信頼関係が全くない人に物を売るのは困難です。
 
これ、覚えておいて損はないと思います。

価値の提供方法と信頼関係の構築方法

・価値の提供
・信頼関係
 
この2つがビジネスの本質である!
とお伝えしてきましたが、最後に軽くまとめて締めくくりたいと思います。

価値の提供方法

「お客さんにできないけど自分にはできること」
それを探し出して、提供してあげること。
 
 
とは先ほどお伝えさせてもらいましたが、
もうちょっと詳しくお伝えすると、
「価値」とは〝違い〟から生まれます。
 
 
よく受ける相談に、
「自分には何もないから何も提供できるものがありません」
という相談があります。
 
 
しかし、僕は全くそうは思うわなくて、
価値が提供できない人は絶対にいないと思っています。
 
 
価値は人との「違い」から生まれます。
 
 
この世自分と全く同じ人間がいないということは、
もうすでに自分の存在自体が価値になっているんです。
 
 
どういうことがというと、
例えば、「辛い体験を乗り越えたことがある人」
というのは、まだ辛い体験を乗り越えていない人にアドバイスすることができます。
 
 
それは〝まだ乗り越えていない人〟にとって価値になります。
 
 
すごくイジメられていた経験がある人、
でも、それを乗り越えて今は生き生きと元気に暮らしている人がいるとします。
 
で、目の前にイジメで苦しんでいる人が現れたとします。
 
 
そんな時、
昔、イジメられていた時の自分がどんな風に話しかけて欲しかったか?
どんな風に接してもらいたかったか?
その気持ちが痛いほどわかるはずだし、
何か声をかけてあげられるはずです。
 
救いの手を差し伸べてあげられるはずです。
 
 
それって、今苦しんでいる人にとっては、
ものすごい価値だと思うんですけど、どうでしょうか?
 
 
僕はイジメられたことがあまりないので、
そういう助言ができないし、
助言したとしても多分、的外れなこと言っちゃうし、
多分その人を救うことができません。
 
 
経験していないからその価値を僕は提供できないんです。
 
 
だから、「価値」とは、〝人との違い〟から生まれるんです。
 
 
苦しみを乗り越えた人と乗り越えられない人との違い、
ギターができる人とできない人の違い、
理想の恋愛ができる人とできない人の違い、
ダイエットを成功させた人と失敗する人の違い、
 
そう、価値は違いから生まれる。
 
 
だから、これまで人生を生きてきた人なら、
絶対に何か価値を提供できるんです。
 
 
これ、覚えておいて損はないと思います。

信頼関係の構築方法

信頼って言うのは数字で計れないし、
目に見えるものでもありません。
 
 
何となくフワフワしたもの。って感じではありますが、
でも確実にこの世に存在するものでもあります。
 
 
信頼関係っていうと難しく聞こえるかもしれませんが、
超簡単に言うと、〝仲良し度〟です。笑
 
 
そして、数字で計れないとか言っときながら、
無理やり数字で表しますが、笑
 
メール1往復=仲良しレベル1
スカイプで話す=仲良しレベル5
直接会う=仲良しレベル15
親友=仲良しレベル80
 
って感じなんですね。
(数字はテキトーです)
 
 
で、購入に至るまでには
最低でも「仲良しレベル10」に達している必要があるって感じですね。
 
 
その仲良し度の上げ方なんですが、
これはもう、たくさん接触していくというか、
自分のことを知ってもらって、
相手のことも沢山知って、
そうすると自然にどんどん仲良くなっていきます。
 
 
まぁ、友達を作る時にあれこれ考えないのと同じで、
理屈抜きに人との交流を楽しめば、それが一番だと思います。
 
 
ネットで知り合った場合って、相手の顔も見えないし、
実際どんな人かもわからないけど、
でも、逆にわからないからこそ、どんな人なのかな?
って普通に相手に興味を持って接していくだけで仲良くなれます。
 
 
だから信頼関係構築といっても大したこと言えなくてすみません、笑
実際はそんなもんなんです。
 
 
最低限、意識しておかなければならないのは、
相手から自分はどう見られているか?
 
っていうことは意識しておいたほうがいいと思います。
 
相手が望んでいることを察して、
それを提供してあげるだけでも信頼値は上がりますし、
積極的に関わっていけば、それで大丈夫です。笑
 
 
価値提供と信頼関係を意識しながらビジネスに取り組んでみてください。
 
きっとその成果を実感できるはずです。
 
では終わりです。
 
どうも有難うございました。
 

板倉のメールマガジンあります。


















このメルマガはネットビジネス初心者の方に向けて、
みっちりと基礎を固めてもらうつもりで書いています。


ビジネスは始めが肝心です。


一気に結果を出せる人とそうでない人の差は、
「ゴールが見えているかどうか?」です。


ゴールが見えていなければ、
闇雲に走っても意味がありませんし、
下手したら逆方向に走っている人もいます。


ですので、このメルマガは、
ネットビジネスというフィールドに飛び出す前の、
『地図を受け取る』という作業だと思ってもらえればいいので、

「これからビジネスを始める人」
「すでにビジネスを始めているけど迷子になっている人」
に受け取ってもらえると嬉しいです。


なので、残念ながら、
すぐに役に立つノウハウを求めている方の期待には答えられません。


逆に、 着実にビジネスを進めていきたい方、
正しいマインドを持ってビジネスに取り組んでいきたい方は受け取った方がいいです。


『有料級の情報を提供している』


と、自信を持って言える内容ですが、
全部無料ですし、
いらなくなったらボタンひとつで解除できます。


登録はこちらからどうぞ。


*メールアドレス
*苗字 or ニックネーム