板倉です。
 
 
ブログで稼いでいる人の収入の流れを解説します。
 
 
さらに、稼げるブログを構築するまでのハードルとその期間、
そしてどれくらいのブログでどれくらい稼げるものなのか?
 
 
さらにさらに、それは『不労所得』となりうるのか?
 
 
そんなテーマでお伝えしていきますので、
早速いってみましょう。

ブログで稼ぐ!

「ブログ」って言ってもいいし、
「サイト」って言ってもいいと思うのですが、
僕はあまり詳しいこと知らないので、その違いもわからないのですが、笑
 
 
とにかく、
ネット上に自分のページを置いて、
検索エンジンからやってきた人に対してセールスを仕掛け、
そのページ上で買い物をしてもらう。
 
全体的に、そんな流れになります。
 
 
ブログで稼いでいる人の特徴として、
検索エンジンの「検索キーワード」を集客の入り口にしています。
 
 
検索エンジンていうのはGoogleとかYahooのトップ画面にある
「検索窓」に自分が知りたいキーワードなどを入力すると、
それに関連するサイトをずら〜っと表示してくれるアレです。
 
 
検索キーワードっていうのは、
そのまんま、検索をかける〝言葉〟ですよね。
 
「船釣り 愛知」とか
「魚 おろし方」とか
「刺身 日本一」とか
 
 
自分の知りたいことを「キーワード」として人々は入力します。
 
 
そして、検索エンジンが、そのキーワードに対して、
最適なサイトを上から順番に表示してくれます。
 
 
これが「検索順位」とか言われるやつで、
検索順位はなるべく上のほうがいいです。
 
 
 
で、ブログで稼いでいる人っていうのは、
この「検索キーワード」に対して、
自分のブログの検索順位を上げることに命を燃やしています。
 
 
そうやって、検索順位を上げることに必死になることを
「SEO対策」と言いますが、
ブログで稼ぐならこのSEO対策を身につけなければなりません。
 
 
SEO対策を身につけるということは、
そもそも検索エンジンの仕組みを理解する必要があり、
検索エンジンに「このサイトは高評価だよね」って言われるサイトにしなければなりません。
 
 
だから、これから少しの間、
検索エンジンの仕組みの話をします。
 
 
といっても、
そんなに難しいものでもないので、
軽く読み流してもらうだけで理解できますのでそう固くならずとも大丈夫です。笑

検索エンジンの仕組み〝アルゴリズム〟について

「Google」とか「Yahoo」のアレなのですが、
Yahooは最初はオリジナルの検索エンジン使ってましたが、
経営が傾きかけたので、今はGoogleと同じシステムを使っています。
 
 
だからGoogleとYahooで何かやり方が変わるということはありません。
 
検索エンジンを運営している企業は、
検索してくれるお客さんのニーズを満たすことに命を賭けています。
 
 
それは何故かというと、
 
例えば、 「魚 おろし方」で検索した時に、
検索結果のところに、全く関係ない「ネコのサイト」とか、
「野菜のサイト」とか「格闘技のサイト」とか表示されても意味わかんないですよね?
 
 
〝検索結果に全く求めている情報がない〟
 
 
こういう状況を検索エンジンを運営しているGoogleとかは最も恐れています。
 
 
仮にそんなことをやれば、
「あの検索エンジンは全く使えない」
と判断されて、お客さんがいなくなってしまうからです。
 
 
お客さんがいなくなれば売り上げも信用も落ち、
結果的に倒産します。
 
 
だから、Googleはお客さんの求めている情報を、
最適な形で提供しているサイトを上から順番に表示するようにしていて、
「全く価値のないサイトなんかは全く表示してやらないぜ!」
というスタンスです。
 
 
そして、そのGoogleにおけるサイトの評価基準ですが、
全部で200以上の項目があるらしいです。笑
 
 
興味がある方はその200以上の項目について全て理解して、
SEO対策を施したら文句なく上位表示されると思うのですが、
僕は面倒なので、たった一つのポイントだけ抑えることにしています。

たった一つのSEO対策

よく巷では
・SEOとは!
・内部対策!
・外部対策!
・被リンク!
・キーワード!
・直帰率!
 
などなど、専門的なことを語る方が多いですが、
大体、最終的な結論として、
『訪問者に対して価値ある情報を提供する』
ってことに落ち着いているんで、笑
 
 
もう、それだけ意識して書いていればいいかな・・・
って感じで僕はSEO対策とかはほぼ何もしていません。
 
 
そんな感じで、特に力を入れているわけでもないのに、
ブログにはアクセスが集まって、物が売れていくわけですから、
やっぱり『訪問者に対して価値ある情報を提供する』
これだけやっていればいいと思います。笑
 
 
で、
価値を提供するってなんなのか?
ってことなんですけど、
 
 
検索エンジン経由で自分のブログにやってくる人っていうのは、
ある「悩み」とか「知りたいこと」のキーワードを検索して、
そのキーワードにヒットした検索結果から、
自分のブログのタイトルなんかを見て、
 
「あ、これ知りたい情報かも」
と思ってくれて、クリックして飛んできてくれるわけですよね。
 
 
つまり、
そのキーワードを検索した人はどんなことを求めているのか?
を考えてブログの記事を書いていくことが、
訪問者に対しての価値提供となり、
それが結果的にSEO対策として機能するわけです。

グーグルの価値提供の判断基準

では、グーグルはどのような方法で
星の数ほどあるブログやサイトの順位をつけているのでしょうか?
 
 
僕も実際のところはあまり知らないんですけど、
一応、詳しい人から聞いた限りでは、
 
 
・滞在時間
・サイト巡回率
・再訪問率
 
などで判断しているようです。
 
 
「滞在時間」というのは、
そのページに飛んでから、
そのページを閉じるまでの時間をグーグルが計っているらしいです。
 
 
滞在時間が長ければ長いほど、
そのページをじっくり読み込んでいるということになり、
イコールそれはそのユーザーにとって価値の高いページであると判断されるわけです。
 
 
「サイト巡回率」というのは、
そのサイト内をグルグル巡回しているかどうか?
っていうやつです。
 
 
ユーザーからしてみれば、
「おっ、このサイトはなかなか面白い記事を書いてるな!
 他にももっと色んな記事も見てみたいぞ!」
 
 
っていう気持ちになっているからこそ、
色んな記事に目を通すわけです。
 
 
グーグルはそういう「サイト巡回率」もちゃっかりチェックしていて、
一人の人がそのサイトの色んな記事を見ていると判断されれば、
それが価値の高いページという判断につながります。
 
 
同じ理由から「再訪問率」もチェック項目にあります。
 
 
同じ人が何度も訪問しているということは、
それだけ「じっくり読む価値がある」とユーザーが感じているということであり、
グーグルはユーザーにとって価値あるサイトを一番重要視しているので、
結果、SEO的に上位表示されやすくなるということです。
 
 
つまり、あれこれSEO対策なんかしなくても、
「ユーザーにとって価値あるサイトを作る」
 
これだけ押さえておけば、
それが最強のSEO対策になるということなんです。
 
 
そして、
「他のことなんてそんなに気にしなくていい」
ってことにもなっちゃうんです。笑
(僕はただ面倒なだけかも)

価値あるサイトを作って、そこで稼ぐ

自分のブログやサイトが上位表示されるようになったら、
ブログに「キャッシュポイント」を設置します。
 
 
「キャッシュポイント」というのは、
〝お金が儲かる仕組みをサイト内に置いておく〟ということです。
 
 
全体的な構成としては、
検索エンジンから各ブログ記事に訪問者がやってくる。
→「なかなか面白い記事を書く人なんだな・・・」と思ってもらう
→「この記事気になるな・・・読んでみよう」と思ってもらう
 
 
そんな流れで、キャッシュポイントの記事まで自然に誘導し、
「この人の言ってることには共感できるし、
 この商品も良さそうだから買ってみるか」
というような流れで商品を販売します。
 
つまり、
 
検索エンジンから
→集客用記事
→教育用記事
→販売ページ
という順番で記事を読んでもらい、
最終的にお金を払ってもらうことが目的です。
 
 
あとは、そんなキャッシュポイントの仕組みをいくつも作成し、
記事をただひたすら書き続けていけば、
さらにSEO的に高評価を受け、
さらに訪問者が増え、さらに売上が上がるという仕組みです。
 
 
イメージとしてはネット上に自分のお店を開き、
検索エンジンから勝手にお客さんがやってきて、
勝手にお店の中をウロウロして、
勝手に商品を手にとって買って行ってくれる。
というようなイメージです。
 
 
そこに自分がやらなければならない仕事もないし、
アフィリエイトであればサポートも必要ないわけです。
 
 
なかなかやりがいと価値のある仕事だと思うのですが、
いかがでしょうか?笑

稼げるまでのハードルとその期間、不労所得について。

ここからは冒頭でちらっとお話しした、
ハードル、期間、いくら稼げるのか?、不労所得について解説していきます。

稼げるまでのハードル

まず、稼ぐまでに何をしなければならないか?
なのですが、
これは具体的に言えば、
 
・ドメインとサーバーを契約する
・ワードプレスを導入する
・集客用記事を書く
・教育用記事を書く
・キャッシュポイントに訪問者を流す
 
そして何人かに一人が買ってくれる。
 
 
やることといえば、これだけです。
 
 
ドメインやらサーバーはネットで調べればいくらでもやり方は出てきますし、
書籍もたくさん売ってます。
 
 
だから、実質やることといえば、やっぱり記事を書くこと、
文章を綴ることなんですね。
 
 
ネットビジネスは必ず最終的にここに行き着くんです。
 
結局は文章を書くということなんです。
 
 
そして、どんなことを書くのか?
といえば、もちろん、ユーザーにとって価値のある記事を書いていくだけです。
 
だからよくネットビジネスの世界では、
「コピーライティングが重要」と言われるんですけど、
多分、こういうことなんだと思います。

稼げるまでの期間

「稼げる」という定義が曖昧ですが、
仮に初報酬までどのくらいか?
という設定で考えてみると、
1日1記事書いたとして、
30記事程度で初報酬が発生する可能性があります。
 
 
僕の起業家仲間の人で、
ブログ作成に取り組み始めて約1ヶ月で初報酬が発生した方がいます。
 
 
僕も確か、それくらいだったと思いますし、
一つの目安として、初報酬までは1ヶ月ほどと考えて良さそうです。
 
 
では、
「稼げる」という定義を20万円という設定で考えたらどうなるでしょうか?
 
 
30記事で1万円程度が目安なので、
単純計算で600記事!と言いたいところですが、
実際はグーグルの評価がどんどん上がっていくので、
およそ100〜150記事程度で月収20万円は全然可能です。
(ちゃんと価値提供できている記事である必要はあります)
 
 
つまり、
1日1記事書いても1年経たずに自動で月収20万円に到達できるので、
それだけの時間と労力を投資するに値しますよね?
 
 
半年、1年くらいはブログ作成に没頭して、
収入の柱として一本くらい持っておいても損はない。
と個人的には思っています・・・。

最高でいくら稼げるのか?

これにはそれぞれのビジネス構造によってかなり変わってくる要素があるので、
なんとも言いがたい部分もありますが、
仮にブログだけの収入とした場合、
今現在でトップで収入を得ている人で、
毎月「1000万円」くらい売上げています。
 
年収にすると1億2000万円ですね。
 
しかもほぼ自動です。
 
なかなかいいですよね。笑

不労所得になりうるか?

完全に不労所得です。
 
っていうか、不労所得以外の何物でもないです笑
 
 
勝手に人が集まって、勝手に色々売れていく・・・
そんな状態を作ることが目的であり、
そんな状態を作るためにSEOやらコピーライティングやら
たとえゼロからでも勉強する価値は十分にあると思います。
 
 
毎月6万円の不労所得なら、
不動産価値で言えば1400万円分の価値になります。
 
 
ブログをキャッシュポイントにするということは、
〝ネット上に自分のマンションを建築するようなもの〟
だと僕は思ってます。
 
 
それくらいインパクトのあることだと思うし、
実際、マンションを所有してるくらいの不労所得が実現するし、
言ってみれば、ブログは『資産』だと思います。
 
 
ぜひ、今から資産構築に取り組んでみたらどうでしょうか?
 
未来がちょっと明るくなるかもしれません。
 
 
では、どうもありがとうございました。
 
 
追伸:
今回のような、
「ブログで稼ぐ」ということにフォーカスした講座をご用意してます。
 
 
もしよろしければ、覗いてみてください。
 
 
 
 

板倉のメールマガジンあります。


















このメルマガはネットビジネス初心者の方に向けて、
みっちりと基礎を固めてもらうつもりで書いています。


ビジネスは始めが肝心です。


一気に結果を出せる人とそうでない人の差は、
「ゴールが見えているかどうか?」です。


ゴールが見えていなければ、
闇雲に走っても意味がありませんし、
下手したら逆方向に走っている人もいます。


ですので、このメルマガは、
ネットビジネスというフィールドに飛び出す前の、
『地図を受け取る』という作業だと思ってもらえればいいので、

「これからビジネスを始める人」
「すでにビジネスを始めているけど迷子になっている人」
に受け取ってもらえると嬉しいです。


なので、残念ながら、
すぐに役に立つノウハウを求めている方の期待には答えられません。


逆に、 着実にビジネスを進めていきたい方、
正しいマインドを持ってビジネスに取り組んでいきたい方は受け取った方がいいです。


『有料級の情報を提供している』


と、自信を持って言える内容ですが、
全部無料ですし、
いらなくなったらボタンひとつで解除できます。


登録はこちらからどうぞ。


*メールアドレス
*苗字 or ニックネーム