板倉です。
 
 
情報商材をアフィリエイトする方法はたくさんあるのですが、
今回はパワーサイト系の情報商材アフィリエイトの基礎的な話をしていきます。
 
 
・サイトを作って自動で稼ぐ
・ブログから無料でリストを獲得する
・DRM的にメールだけで稼ぐ
 
こんな流れで解説していきます。
 
では、早速いってみましょう。

サイトを作って自動で稼ぐ

先ほどから稼ぐ稼ぐ言ってますが、
そんなに簡単にサクッとお手軽に稼げるわけではないので、
そこらへんはご了承ください。
 
 
そして、「サイト」って言ってもいいし、
「ブログ」って言ってもいいと思うのですが、
僕はあまり詳しいことは知らないので、あまり突っ込まないでください。笑
 
 
とにかくブログ的なサイトを作って、
その中で情報商材をアフィリエイトして稼ぐ方法です。
 
 
簡単に全体像をお伝えしておくと、
 
1、サイトを作る
2、記事を書く
3、ブログに訪問者がやってくる
4、情報商材が売れる
5、儲かってハッピー!
 
という感じの流れになります。

Action1:サイトを作る

サイトはワードプレスを使って作るのが一般的です。
(FC2ブログなどでも可) 
 
 
・ドメインを取得する
・レンタルサーバーを契約する
・ワードプレスを導入する
 
 
この3ステップで簡単に作成できますので、
ネットとかで色々検索しながら頑張って作ってみてください。笑
 
 
で、
そういう作業的なことは他の発信者さんを参考にしてもらうとして、
大事なのはここからです。
 
『自分のサイトテーマ』
というのををまず始めに決めます。
 
 
『サイトテーマ』っていうのは、
サイトのデザインとかそういう意味ではなくて、
〝訪問者に何を伝えるサイトなのか?〟
ということを明確に決めるっていう意味です。
 
 
ただの「日記」とか、
何が言いたいのかわかんなかったりとか、
そういうサイトは基本的に誰も読みたくありませんから、
「言いたいこと」や「伝えたいこと」を明確にして、
訪問者にとって〝有益な情報源〟となるサイト作りを意識してみてください。
 
 
僕のこのサイトも、
〝REALを生きる〟とか〝自由に生きる〟ってことを言ってますが、
ぶっちゃけると「ネットビジネスで稼ぎましょう」ってことを言ってるだけです。笑
 
 
そして、他の人もみんなそうです。笑
 
 
結局、情報商材のアフィリエイトなんて、
読者の目的は「お金を稼ぐ」ことですから、
 
そのまま「ビジネス」っていうテーマで発信をしていけばいいんです。
 
 
でも、その「切り口」はみんな人それぞれ違います。
 
旅先で稼ぐ
副業的に稼ぐ
誰にも媚びない人生を生きる
ヘタレ人間が成り上がる
弁当屋がネットビジネスに取り組んでみた
元自衛官がネットビジネスに取り組んでみた
コピーライティングについて徹底的に語るサイト
 
などなど、
それぞれ自分オリジナルの〝独自の切り口〟を打ち出しています。
 
 
独自の切り口がない人もいますが、
そういう人のサイトは大抵読んでいて面白くありません。笑
 
 
だからまずは、
『何について語るサイトなのか?』ということを明確にしたら、
自分独自の切り口を考えてみましょう。
 
 
しかし、
「どんな切り口でサイトを作ったらいいのかわからない」
という方も中にはいらっしゃいます。
 
 
すぐに「自分のテーマ」みたいなものが見つかればいいのですが、
結構、この時点でつまづいちゃうパターンもありますので、
そのためのヒントをお伝えしておくと、
 
 
サイトテーマは『自分の理想の未来像』から決定するようにすると、
なかなか面白いサイトになると思います。
 
 
多くの人は「自分の過去」からサイトテーマを決定する傾向にありますが、
僕がいつも教えているのは「自分の未来」からテーマを決めるという方法です。
 
 
将来的になりたい自分。とか
こんな自分だったらワクワクする!
っていう「未来の映像」を元にサイトテーマを決めます。
 
 
10億円あったらどんな生活をしているのか?
好きなことを好きなだけやっている自分ならどんなことを発信するか?
変態的な趣味に没頭している自分ならどんなことを発信するか?
自分が一番ワクワクする瞬間ってどんな時か?
 
 
そんなようなことから紐解いていくと、
だんだん視えて来ると思います。
 
 
全然視えてこない場合は、
とりあえず(仮)でタイトルとか決めて進めちゃってください。笑
 
 
ここで立ち止まっていても進まないので。笑
 
 
〝素敵なサイトテーマがどうしても見つからない〟
という場合は、相談にのります。(もち無料)
 
 
お問い合わせてください。
 
 
で、素敵なサイトテーマが決まれば、
デザイン的なことも必然的に決まってきますから、
サイトのトップ画像をいじってみたり、
キャッチコピーを考えてみたり、
プロフィールを書いてみたり、
 
自分の中から「サイト構築欲」が「ふつふつ」と溢れてくるはずです。笑
 
 
ワクワクしながら未来の映像をイメージしつつ、
楽しんでサイトを作っていきましょう!

Action2:記事を書く

サイトテーマが決まったら記事をガンガン投下していきましょう。
 
 
人それぞれのやり方があるかと思いますが、
僕のオススメはやはり全体像の構築をやっておくことです。
 
 
もうすでにサイトのテーマが決まっているわけですから、
そこでもう既に〝ターゲット〟も決まっているはずです。
 
 
その〝ターゲット〟に向かって、
どんなことを発信したら読んでもらえるか?
ターゲットはどんな情報を求めているか?
どんな記事を書いたら面白いと思ってもらえるか?
 
 
そんなことをイメージしながら、
全体的にどんな記事で構成して、
どんなことをメインに伝えていくサイトにするかを考えていきます。
 
 
それを大きなブロックに分けて考えていき、
そのブロックごとにさらに細かく分割していきます。
 
 
例えば、ビジネスとは関係ないですが、
僕であれば、『エアコンのサイト』が作れるかと思います。
 
 
エアコンの仕事をずっとやっていたので、
ターゲットの考えていることが手に取るようにわかります。
 
 
なので、
大きなブロックとしては、
・エアコンを選ぶときのポイント
・エアコンの仕組み
・エアコン工事のポイント
・メーカー別、メリットデメリット
 
 
などなど、
こんなアイデアがいくらでもすぐにでも浮かんできます。
 
 
『エアコンを選ぶときのポイント』
というブロックをさらに細かく見ていくと、
 
 
・消費電力で選ぶ
・機能性で選ぶ
・コスパで選ぶ
・使い方で選ぶ
・設置場所で選ぶ
・メーカーで選ぶ
・デザインで選ぶ
 
などなど、
こんな感じのタイトルで、
記事内容がいくらでもすぐにでも浮かんできます。
 
 
これらの記事はもちろんターゲットを意識して書いていくのです。
 
 
この『エアコンのサイト』でいえば、
狙うべきターゲットは
「これからエアコンを買おうと思っている人」です。
 
 
これからエアコンを買おうと思っている人はどんな情報を求めているのか?
 
 
そういうことを察知して、
先回りして情報提供してあげると、
グーグル的には、親切なサイトであり価値の高いサイトと評価されやすく、
結果的に検索エンジンで上位表示されやすくなります。
 
 
全体的な構想としてはこんな感じで、
ある程度大きなブロックを考えて、
さらにそこから細い記事タイトルを考えていき、
 
 
ターゲットが今まさに求めているものを
ダイレクトに提供してあげるようなサイト作りを心がけるといいサイトが出来上がります。
 
 
記事を書く際は、ぜひこれらを意識してみてください。

Action3:サイトに訪問者がやってくる

訪問者は検索エンジン経由でやってるくるのが一般的です。
 
 
「エアコン 選び方」
「ダイキン エアコン」
「エアコン 最新」
「エアコン 取り付け業者」
「エアコン 電源」
 
 
などなど、
ターゲットは検索エンジンで自分の知りたいワードを入力し、
検索結果に表示された幾つかのサイトから
めぼしいサイトを選んでクリックして訪問します。
 
 
つまり、ブログのテーマがはっきりしていて、
それぞれの記事が訪問者にとって価値ある記事になっており、
記事タイトルも魅力的なものになっていれば、
あとはほったらかしで訪問者がやってくるのは必然のことかと思います。
 
 
そこで、「エアコンの正しい選び方」を教えてあげて、
さらに他にも魅力的な記事が並んでいれば色々と読みたくなるはずです。
 
 
そうやって自分のサイト内でいろんな記事を読んでもらい、
そうこうしているうちに、ターゲットも気がつかない内に、
いよいよ「キャッシュポイント」に到達するのです。
 
 
「キャッシュポイント」というのは、
こちら側の仕掛けた儲かる仕組みのことで、
一般的に、アフィリエイターなら、
アフィリリンクを貼り付けているページになります。
 
 
言ってみれば、そこが一番の儲ける仕組みのポイントだし、
そのキャッシュポイントがなければお金は入ってきません。
 
 
検索エンジンから訪問者がやってくる
→サイト内のいろんな記事を読んでくれる
→キャッシュポイントに誘導する
→アフィリエイト商品が売れる
 
 
このような導線ラインを引いておき、
意図してキャッシュポイントの記事まで到達するように仕掛けるのがプロの技です。

Action4:情報商材が売れる

『エアコンのサイト』であれば、
「エアコン 選び方」
 
で検索した人がサイトに訪問してきて、
 
 
「プロの施工職人100人に聞いたエアコン選び方」
みたいな記事に誘導し、
 
 
さらにそこから「おすすめエアコン 10選」
みたいな感じで誘導していき、
エアコン本体のアフィリエイトリンクを貼っておけば、
何人かに一人は購入する人が出てくるかと思います。
 
 
情報商材も考え方は同じで、
 「情報商材 選び方」
 
 
で検索してきた人に対して、
「騙される前に知っておくべき情報商材の選び方」
みたいな記事に誘導し、
 
 
そこから「おすすめ情報商材 10選」
みたいな感じで誘導していき、
情報商材のアフィリリンクを貼っておけば、
何人かに一人は購入する人が出てくるかと思います。
 
 
もちろん、その記事自体が非常に面白くて、
信頼できて、価値あるものだと判断されればの話ですが・・・
それはまた別の機会に・・・。

Action5:儲かってハッピー!

一度何か情報商材が売れれば、あとはアクセスさえ集まれば、
基本的にコンスタントに売れていくことが予想できますので、
 
 
検索エンジンからの記事をどんどん増やしていき、
入り口となる部分を広く広くしていくイメージで大丈夫です。
 
 
記事は多ければ多いほどSEO的に良いとされているので、
力の続く限り記事を投下していくといいと思います。
 
 
そうすればさらに儲かって、
いずれ何もしなくても勝手に色々ネット上で売れていき、
自由な生活が手に入ること請け合いです。
 
 
まさに儲かってハッピー!笑

サイトから無料でリストを獲得する

さらに、もう一つ仕組みを追加するだけで、
より強固なビジネスを構築することができます。
 
 
それは「オプトインページ」を作ることです。
 
 
「リスト取り」って言ってもいいですが、
ネットビジネスにおいて最も重要な要素が「リスト」という概念です。
 
 
これは、これまでもそうだし、
これからもそうです。
 
 
ネットビジネスに取り組む=リストを獲得する
と言ってもいいくらいです。
 
 
1にリスト
2にリスト
3、4がなくて
5にリストです。
 
とにかくリストを取れるだけ取っておくこと。
 
 
これはもう必須であり、
他のことは後回しでもいいけど、
「リスト取り」だけは最優先ですべき超重要事項です。
 
 
むしろ、サイト運営なんて「リスト取り」のためにやってもいいくらい、
最も力を入れるべきはこの部分です。
 
 
サイト自体がそれなりに情報価値の高いものになっていて、
訪問者にとって知りたい情報が詰まっているようなサイトを運営していれば、
メールアドレスを取得すること自体、そんなに難しくはありません。
 
 
サイトのどこか目につくところに、
 
・『エアコンを1万円安く設置する方法 プレゼント!』
・『100人に一人、最新エアコン丸ごとマジでプレゼント!』
 
とか、魅力的なプレゼントを用意して、
メールアドレスを登録してくれた方にだけ、特別にお教えしますよ・・・
って感じで、フォームを設置するだけでおっけーです。
 
 
情報商材の場合、例えば、
『中学生でもできるネットですぐに1万円手に入れる方法』
『毎月54700円の固定収入を確定させる方法』
 
 
とか、そんな感じの魅力的なプレゼントを用意して、
「メールアドレスを登録してくれたら特別にプレゼントしますよ」
 
って感じのデザインにして、オプトインページを作ります。
 
 
だから、魅力的なプレゼントは必須ではないですが、
ないよりはあった方がリストは取れます。
 
 
よりリスト獲得に力を入れるなら、
ターゲットが〝最も欲しがる〟プレゼントの用意も必要です。
 
 
別にプレゼントがなくてもリストは取れますが、
それには相応のサイト構築やブランディング技術が必要で、
 
〝この人の発信を受け取らなければ損をする〟
 
くらいに思ってもらう必要があって、
通常、タダではリストは残してもらえません。
 
 
最初のうちはプレゼントをエサに、
リストを獲得していきましょう!笑

DRM的にメールだけで稼ぐ

リストさえ手に入ってしまえば、
こちらからそのメールアドレスにアプローチができますから、
DRMを仕掛けることができます。
 
 
「エアコンのサイト」
から集まったリストは、エアコン属性なので、
当然エアコン関連の商品が販売できますし、
 
 
もういっその事、「ビジネスを教える」
っていうことをやってしまってもいいわけです。
 
 
メールを解除されない限りは、
こちらからいくらでもアプローチができますから、
この日本にお金に興味のない人っていないので、
 
 
『もっと自由にお金を稼ぐ方法を教えます。
 興味ある方はこちらをクリックしてください』
 
 
って感じで、
興味のある人だけにビジネスを教えていくっていうことができます。
 
 
まぁ、今回の場合は、「エアコン属性」の人に、
エアコン関連の商品をアフィリエイトするとして・・・
 
 
例えば、
「信頼できる取り付け業者はここです」
っていう感じで、業者を紹介するという手が考えられます。
 
 
『最新式のエアコンも、下手な工事業者が施工すると、
 その能力をちゃんと発揮することができなくなりますし、
 最悪、水漏れや室内機にカビが発生しやすくなります。
 
 ネット購入の取り付け業者は特に〝質〟が低く、
 注意が必要です。』
 
みたいな感じで〝教育〟メールを送り、
「絶対安心できる業者はここ!」
って感じで業者紹介をし、
その業者から紹介料をもらうっていう方法です。
 
 
情報商材アフィリエイトの場合は簡単で、
ターゲットはお金儲けをすることが目的なので、
お金儲け系の情報商材がアフィリエイトできます。
 
 
それも、いきなり「これ買ったほうがいいですよ」とか言って
アフィリリンクを送りつけるんじゃなくて、
 
 
『ネットのビジネスにおいて
 最も重要なスキルはコピーライティングです。
 
 ネットビジネスという仕事は、
 基本的に文章を書く仕事ですから、
 文章が下手くそだといつまで経っても稼げません。』
 
 
的な感じに〝教育〟メールを何回かに分けて送り、
しっかりとアフィリエイトしたい商材の価値を伝えた上で、
 
 
『これまでお伝えしてきたことがうまくまとめられていて、
 僕自身とても参考になった商材があるので、
 興味がある方は手に取ってみてください』
 
って感じにアフィリリンクを送りつけます。
 
 
そうすると、全員が全員買うわけじゃないけど、
何人かに一人は買ってくれます。
 
 
1000リストの内、
10%の100人が買ってくれて、
アフィリ報酬が1万円ならそれだけで一撃100万円です。
 
 
仮に教育が下手で1%の人しか買わなかったとしても一撃10万円です。
 
 
しかもメルマガを解除されない限り、
こちらから何度でもアプローチができるので、
〝チャンスは一度きり〟という訳でもありません。
 
 
あまり露骨に、
いろんな商材を節操なく売りつけまくるのはよくありませんが、
テーマが定まっていて、主張に一貫性があるならいくつでも販売してもいいと思います。
 
 
リストも常に同じ人ばかりという訳でもなく、
新しい人が入ってくれば、抜けていく人もいます。
 
 
入り口は大きく広げておいて、
来るもの拒まず、去る者追わずスタイルでやっていれば、
リストはある程度循環するものなので、
 
 
以前行ったセールスと似たようなことをしても、
初めての人にとっては初めてのことなので、
〝何度も同じセールスをしてきやがる!〟
って思われることもないのかなと思います。
 
 
「買って!買って!買って!」
って感じだとウザったいだけですが、
「もし必要だと思うのなら買ってみてはどうですか?」
くらいのスタンスなら、必要ない人はスルーしてくれます。
 
 
そんなイメージで、ぜひDRMにも取り組んでみてくださいね。
 
では、以上です。
 
 
・サイトを作って自動で稼ぐ
・ブログから無料でリストを獲得する
・DRM的にメールだけで稼ぐ
 
パワーサイト系情報商材アフィリエイトの基礎でした。
 
ありがとうございました。
 
 

板倉のメールマガジンあります。


















このメルマガはネットビジネス初心者の方に向けて、
みっちりと基礎を固めてもらうつもりで書いています。


ビジネスは始めが肝心です。


一気に結果を出せる人とそうでない人の差は、
「ゴールが見えているかどうか?」です。


ゴールが見えていなければ、
闇雲に走っても意味がありませんし、
下手したら逆方向に走っている人もいます。


ですので、このメルマガは、
ネットビジネスというフィールドに飛び出す前の、
『地図を受け取る』という作業だと思ってもらえればいいので、

「これからビジネスを始める人」
「すでにビジネスを始めているけど迷子になっている人」
に受け取ってもらえると嬉しいです。


なので、残念ながら、
すぐに役に立つノウハウを求めている方の期待には答えられません。


逆に、 着実にビジネスを進めていきたい方、
正しいマインドを持ってビジネスに取り組んでいきたい方は受け取った方がいいです。


『有料級の情報を提供している』


と、自信を持って言える内容ですが、
全部無料ですし、
いらなくなったらボタンひとつで解除できます。


登録はこちらからどうぞ。


*メールアドレス
*苗字 or ニックネーム