板倉です。
 
 
アリジゴクはこんな姿をしています。
(以前、捕まえた時の写真が残ってました笑)
 
 
 
 
こいつらは基本的に「待ち」のスタイルです。
 
 
エサである蟻の通り道に罠を張り、
蟻が通るのをひたすら待ちます。笑
 
 
「どんだけ暇なんだよ!」
って感じだし、
 
「その待ってる間何考えてんの!?」
って感じですが、
 
虫の考えてることなんてわかりませんよね。笑
 
 
 
 
で、こんな感じで、
作戦が成功すると蟻が食べれます。
 
 
罠にかかった蟻はもがけばもがくほど足を取られ、
穴のセンターで待ち構えるアリジゴクに捕食されるというシステムです。
 
 
いやはや、虫の世界は面白いです。

我々はアリジゴクさんを見習うべきなのか!?

アリジゴクの作戦は、
罠を仕掛けてひたすら待つ。
 
 
・・・だけだと思われがちですが、
アリジゴクを舐めてはいけません。
 
 
実はある「必殺技」を持っています。
 
 
それは、
必殺『砂かけ』です。笑
 
 
蟻が罠にかかると、
アリジゴクは穴のセンターから体全体を使って砂をぶっかけます。
 
 
砂をかけまくることで、
蟻にわずかなダメージを与えつつ、
砂が流れて足場ができるのを防ぎ、
捕食確率が上がるというわけです。
 
 
実際に穴に蟻を落としてみると分かりますが、
よっぽど待つのに飽きているんでしょうね、
 
 
ここぞとばかりに必殺技を繰り出して、
「絶対に逃がすまい!」
という意思を感じるほど必死に砂をかけまくります。笑
 
 
そして穴のセンター付近まで蟻が落ちてきたら「ガブリ」です。
 
 
これ・・・、
僕は、サイト型情報商材アフィリエイトと非常によく似ていると思いました。笑
 
 
まさに『マーケティングファネル』と同じことですよね。
 
 
 
 
キャッシュポイントを用意し、
集客用記事を用意して、
最終的にキャッシュポイントにアクセスを流す導線を作っておきます。
 
 
で、狙ったキーワードで罠を張っておいて、(蟻の通り道)
訪問者がやってきたら、
「この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!」
という感じで、どんどん次の記事を読ませていき、
最終的にアフィリリンクが貼ってあるキャッシュポイントまで
勝手に読んでもらうように仕向けます。
 
 
まぁ、蟻が必死に逃げようとするのに対し、
読者は自ら進んでキャッシュポイントまでやってくるという微妙なニュアンスの違いはありますが、
 
 
基本的に僕はアリジゴクさんをトレースしてサイト構成を考えています。
 
 
一つのキャッシュポイントに対し、
教育用記事や集客用記事を沢山作って、
なるべく入り口を増やしてキャッシュポイントに流し込むようにします。
 
 
基本的にアクセスは多ければ多いほど、
キャッシュポイントまで到達する総数が増え、
その分売り上げも増えると考えて問題ないです。
 
 
しかし、キャッシュポイントばかりのサイトだと、
「売り込み感」が強すぎて、訪問者はびっくりしてブラウザを閉じてしまうし、
 
 
教育記事や集客記事ばかりで、
キャッシュポイントが一つもなければ当然ながらお金にはなりません。
 
 
そのバランスも大事なのですが、
やはり一番は「砂かけ」ですよね。笑
 
 
言い換えるなら、
〝いかに次の記事を読みたいと思わせることができるか?〟
 
 
ここが一番のポイントであり、
正念場だと思います。
 
 
自分が人のブログを読むときのことを思い返してみると分かるかと思いますが、
検索エンジンからブログを訪問した時に最初に読む記事、
その記事が全く為にならなかったり、
面白くなかったり、求めている情報と違った場合、
すぐにそのページを閉じると思います。
 
 
逆に、
その記事が非常に為になって、
面白くて、求めている情報はもちろん、
さらにそれ以上の価値を受け取ることができたなら、
 
 
「この発信者は何者なのかな?」
とか、
「もっと他の記事も読んでみたいな・・・」
 
 
って考えると思うんです。
 
 
さらに次に読んだ記事も面白くて、
さらに色々読み込んでいくうちに、
いつの間にかアフィリリンクを踏んでいるというわけなんです。
 
 
訪問者に対し、
〝いかに次の記事を読みたいと思わせることができるか?〟
 
このことを是非、意識してサイト構成を考えてみてください。

蟻地獄大作戦具体例

あまり、こういう手の内を暴露するのもどうかと思いますが、
僕はもう、このサイトで「稼ごう」とかあまり考えていないので、
まぁ、いいですよね。笑
 
 
「キャッシュポイント」というのは、
僕のサイトでいうと、こういうやつです。
 
 
『新世界アフィリエイト レビュー』
 
 
推奨する情報商材の『推奨記事』を書き、
その記事内にアフィリエイトリンクを貼り付けておく。
 
 
推奨記事を読んだ人にとって、
その記事がめちゃくちゃ参考になるものであれば、
もしかしたら、そのまま自分から買ってくれるかもしれません。
 
 
そういうキャッシュポイント記事をまずは用意します。
 
 
で、
その記事にアクセスを集めるための記事を量産していくというイメージです。
 
 
記事の一つ一つがサイトへの入り口になりますから、
いろんな入り口は用意しつつも、
最終的にはそのキャッシュポイントに辿り着くようにデザインしていくということです。
 
 
そう、まさに『蟻地獄』大作戦!
一度足を踏み入れたら最後、
二度と出られなくしてしまえばいいんです。笑
 
 
そのキャッシュポイントまでの導線の記事がこちら。
 
 
『ステップメールで自動で稼ぐ』
 
 
全3回にわたってステップメールの書き方について解説し、
最終的にキャッシュポイントに流れ着くようになっています。
 
 
さらに、その情報商材はステップメールに関連する商材なので、
さらに売れやすくなるという仕組みです。
 
 
以上が『蟻地獄大作戦』の具体例です。
 
 
ポイントは、
いかに次の記事を読ませ、サイト内にとどまってもらうか?
 
 
そういう視点で「砂かけ」を積極的に行い、
逃げられないようにしてください。笑

アリジゴクはやがて、ウスバカゲロウに・・・

「アリジゴク」はただの幼虫なので、
進化すると「ウスバカゲロウ」になります。
 
 
「ウスバカゲロウ」になると、
羽が生えて空が飛べるようになります。笑
 
 
そう、まるで我々と同じく、
サイト構築だけにとどまらず、
そこからDRMを繰り広げてなんでも自由に販売していくことができるのと同じです。
 
 
情報商材アフィリエイトの世界では、
いつまでたっても「アリジゴク」をしている人が大勢います。
 
 
実は、アリジゴクというのはまだまだ進化前なのです。
 
 
そこから進化して初めて自由度の高い人生が実現するし、
本当の情報発信とはそこから始まると僕は考えています。
 
 
だから、今のサイトではそこまでキーワードとかを狙っていないし、
サイト内でのアフィリエイトもほとんど力を入れていません。
 
 
一番力を入れているのは、
やはり、リスト収集」で、
今回みたいな虫のキモい話を真剣に読んでくれて、
面白い切り口だなと思ってくれる人に仲間になってもらいたいと思っているし、
 
 
単発的に稼いで終わり、とか、売った売らないの関係とかじゃなくて
もっともっと濃い、「人対人」の関係を築いていきたいです。
 
 
僕の発信に共感してくれて、
「もっと板倉の発信を受け取りたい」
そう言ってくれる人とは、
これから先、何年後も何十年後も変わらない関わりをしていきたいし、
そんな長期的かつ安定的な視点を持ってビジネスに取り組む必要があると考えています。
 
 
このサイトは、
〝その一つのきっかけに過ぎない〟というつもりで作っていて、
簡単に言うと、ネット上で自分の発信をして、
その発信に共感してくれる人を集めるための道具って感じで、
ただの「出会いの場」っていうイメージなんです。
 
 
だから、こうして出会っていただいて、
どうもありがとうございます。笑
 
 
もしよろしければ友達になってください。笑
 
よろしくお願いします。
 
では・・・以上です・・・
ありがとうございました。
 
 

板倉のメールマガジンあります。


















このメルマガはネットビジネス初心者の方に向けて、
みっちりと基礎を固めてもらうつもりで書いています。


ビジネスは始めが肝心です。


一気に結果を出せる人とそうでない人の差は、
「ゴールが見えているかどうか?」です。


ゴールが見えていなければ、
闇雲に走っても意味がありませんし、
下手したら逆方向に走っている人もいます。


ですので、このメルマガは、
ネットビジネスというフィールドに飛び出す前の、
『地図を受け取る』という作業だと思ってもらえればいいので、

「これからビジネスを始める人」
「すでにビジネスを始めているけど迷子になっている人」
に受け取ってもらえると嬉しいです。


なので、残念ながら、
すぐに役に立つノウハウを求めている方の期待には答えられません。


逆に、 着実にビジネスを進めていきたい方、
正しいマインドを持ってビジネスに取り組んでいきたい方は受け取った方がいいです。


『有料級の情報を提供している』


と、自信を持って言える内容ですが、
全部無料ですし、
いらなくなったらボタンひとつで解除できます。


登録はこちらからどうぞ。


*メールアドレス
*苗字 or ニックネーム