板倉です。
 
 
ブログとかサイト記事は多ければ多いほどSEO的に良いと言われています。
 
 
検索エンジンのアルゴリズムからすると、
記事の多いブログやサイトの方が価値が高いという判断を下すらしいからです。
 
 
例えば、1万ページあるサイトというのは、
それだけで高評価であるし、SEO的に上位表示されやすくなると言われています。
 
 
しかも、我々はサイトを作って、
その記事一つ一つがサイトへの入り口となり、
集客の入り口になるわけですから、
記事が多ければ多いほど人が集まりやすくなるという理屈です。
 
 
そして、それはつまり、
キャッシュポイントに流れ込むアクセスの絶対数が増えるということを意味し、
運営者の利益も同時に増えるということにつながってきます。
 
 
イメージとしてはこんな「大木」のイメージでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「木の枝葉」というのは、
表面積を増やして効率よく光合成するという目的と、
もう一つは雨を木の根元に集約させるという目的があります。
 
 
木の全体に降り注いだ雨は、
葉を伝い、枝を伝い、木の根元に流れます。
 
 
そうして木は水分を吸収して成長していくのですが、
これが「ガリッガリの木」だったらどうでしょうか?笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
全然、雨を集められないですよね。笑
 
 
雨は「アクセス」です。
 
葉っぱの一枚一枚が記事になります。
 
 
いくら雨が降っても葉っぱがなければ集めることはできないし、
逆に葉っぱの数が多ければ多いほど、
大量のアクセスを集めることができるようになります。
 
 
サイト構築と記事の関係はそんなイメージでいてもらって
問題ないかと思います。

葉っぱの質がモノを言う

アクセスの入り口である、葉っぱは、多ければ多いほうがいいのですが、
もちろんただ多ければいいというわけでもありません。
 
 
枯葉みたいなのばかりでも意味がないし、
スカスカの穴だらけの葉っぱでも意味がありません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こういうの、超意味ないですよね。笑
 
できれば、穴が空いてなくて、
分厚くてしっかりした葉っぱが望ましいです。
 
 
トトロが傘で使ってたような葉っぱがあるといいです。
 
 
しかも、
しっかりした葉が付いていると、
ちょっと遠くから見たときにすごく青々として、
元気に見えるし、綺麗に見えます。
 
 
グーグルさんはサイトの細かい部分もチェックしているけど、
そういう全体のイメージも結構重要視しています。
 
 
つまり、
何が言いたいのかというと、
『記事の質が最も重要』ということです。
 
 
葉っぱがなければ光合成することもできないし、
葉っぱがなければ雨を集めることもできないし、
葉っぱがなければ木は成長することができないし、
葉っぱがなければみすぼらしいフォルムになる。
 
誰がなんと言おうと、
僕はサイト構築においては、
 
 
「記事が最重要ポイント」
 
 
であるし、その認識がない限り、
サイトで稼いでいくことも難しいと僕は真面目に考えています。

良質な記事を書くために必要なこと

これまでもたくさん、記事の書き方について紹介してきましたが、
結局はコピーライティングを磨いていくという結論になってしまうかと思います。
 
 
例えば、
・キーワードから読者の目的を満たすような記事を書く
・前のめりで読みたくなるような期待以上の価値を提供する
・独自性を発揮して、誰にも真似できない際立った記事を書く
 
 
などなど、
挙げようと思えば、いくらでも記事構成について語れますが、
そんなものは「はい、こうしましょう!」と言われたところで、
 
 
「それがわかってても書けないんだよバカ!」
っていうのが正直なところだし、
わかっててもできなければ意味がないです。
 
 
じゃあどうするのか?
なんですけど、
 
 
良質な記事が書けていないと自覚しているのであれば、
もっと前段階の部分から見直す必要があります。
 
 
もっと前段階というのは、
もう基礎の基礎からみっちり勉強するしかない。
 
 
コピーライティングとはなんなのか?
っていうことを深く追求し、学び、自分の中にインストールしていく。
 
 
そういう作業のことです。
 
 
自分の書いた記事を読みなおしてみて、
・自分自身が納得できるものに仕上がっているか?
・自分自身、何度も読み直したくなるものになっているかどうか?
・自分自身、惚れ惚れする文章になっているかどうか?
 
 
自分の書いた文章を人に読んでもらって、
・「面白かったからもっと読みたい!」って言ってもらえるかどうか?
・「分かりやすいし勉強になる!」って言ってもらえるかどうか?
・「あなたの人間性がよく表現されていて楽しかった!」って言ってもらえるかどうか?
 
 
そういう文章が書けていないのだとすると、
コピーライティングの基礎の部分がやや曖昧である可能性があります。
 
 
もちろん、これは一朝一夕で身につくものでもないし、
僕も人に偉そうに言える文章が書けているわけでもないし、
一生をかけて学んでいくことだとは思います。
 
 
ですが、
これからネットビジネスで生計を立てていく、
パソコン一つで稼いでいく、
という願望があるのであれば、
 
 
少なくとも、
最低限のラインは超えていなければならないと思います。
 
 
一定の合格ラインを超えていない記事を量産しても意味がないし、
お金にもならないし、結果にも繋がらないし、実際疲れるだけです。
 
 
鋼の精神の持ち主ならともかく、
普通の人は結果が見えないことに対して、
いつまでもそう続けられるものでもないし、
たいていの人は結果が出るより先に心が折れるもんです。笑
 
 
そんなことになるくらいだったら、
初めからちゃんと学んで、正規のルートを歩むべきだし、
急がば回れ的に、それが実は一番の近道だったりします。
 
 
勢いで頑張るのもいいけど、
基礎的な勉強も怠ってはならないということですね・・。
 
 
で、僕のサイト内でもそういうことを書いた記事がたくさんあるし、
他の人のブログでもコピーライティングについて詳しく書かれているものがあります。
 
 
そういうもので勉強してもいいし、
手っ取り早く、そういう教材を買ってもいいです。
 
 
本音を言っちゃうと、
コピーライティングを学ぶなら、
そこらへんのよくわからない人から学ぶより、
絶対的な実力者から学ぶべきだと僕は思っていて、
 
 
これは、
ネットビジネスで成功している人なら誰でも同じことを言うと思います。
 
 
ネットビジネスとは、文章を書くことだと言っても過言ではなく、
文章でお金を稼ぐならば、その最もお金稼ぎに直結するスキル、
「コピーライティングを学ばずしてどうするというのだ!」
 
というのが、大方の意見であると思います。
 
 
ビジネスの本質がわかっている人ほど、
コピーライティングスキルの重要性に気がついているわけだし、
やっぱり稼いでいる人は、どこかのタイミングで、ちゃんとコピーを勉強しています。
 
 
だから、
良質な文章を書く自信がないのであれば、
まずはコピーライティングを最優先で学ぶべきなんじゃないかと思います。
 
 
で、
コピーを学ぶのに一番オススメしているのが、こちらの商材です。
 
 
 
 
僕はあまり手当たり次第にアフィリリンクとか貼ったりしませんが、
この商材だけは心からオススメするので貼らせていただきます。
 
 
ハッキリ言って、
これを学ばずにネットビジネスをやっていくだなんて、正気の沙汰とは思えません。
 
 
人生レベルで考えたら、
数千万、数億円くらいの機会損失が発生するんじゃないか?
っていうくらい貴重な学びが得られます。
 
 
もしその学びが得られなかった場合は、
僕のポケットマネーから返金します。
 
 
販売者からも返金があるし、
僕からも間違いなく返金します。
 
 
だからお金は増えます。笑
 
 
それくらい買ったほうがいいと断言しているものなので、
勉強してみてほしいし、
レターを読むだけでも恐ろしく勉強になるので、
読むだけ読んでみてください。
 
 
 
 
では、どうもありがとうございました。
 
 

板倉のメールマガジンあります。


















このメルマガはネットビジネス初心者の方に向けて、
みっちりと基礎を固めてもらうつもりで書いています。


ビジネスは始めが肝心です。


一気に結果を出せる人とそうでない人の差は、
「ゴールが見えているかどうか?」です。


ゴールが見えていなければ、
闇雲に走っても意味がありませんし、
下手したら逆方向に走っている人もいます。


ですので、このメルマガは、
ネットビジネスというフィールドに飛び出す前の、
『地図を受け取る』という作業だと思ってもらえればいいので、

「これからビジネスを始める人」
「すでにビジネスを始めているけど迷子になっている人」
に受け取ってもらえると嬉しいです。


なので、残念ながら、
すぐに役に立つノウハウを求めている方の期待には答えられません。


逆に、 着実にビジネスを進めていきたい方、
正しいマインドを持ってビジネスに取り組んでいきたい方は受け取った方がいいです。


『有料級の情報を提供している』


と、自信を持って言える内容ですが、
全部無料ですし、
いらなくなったらボタンひとつで解除できます。


登録はこちらからどうぞ。


*メールアドレス
*苗字 or ニックネーム