板倉です。
 
 
常に情報発信をしていると、ネタが尽きます。笑
 
 
ブログ記事でもメルマガでも、
「タイトル」や「テーマ」というものがあり、
それをネタに自分なりの発信をしていくわけですが、
ずーーーーーーーっと情報発信をしていると書くことがなくなります。笑
 
 
そうするとどうなるかというと、
僕の経験で言えば、ネタがないから同じことを言い回しを変えて表現してみたり、
数回に分けて小出しにしてみたり・・・ということをやり始めたわけです。笑
 
 
でもまぁ、しかし、
それはそれで間違ってはいないと思います。
 
 
全く別の話をしているようで、
実は切り口を変えて同じことを伝え続けるということも教育上、確かに重要だと思います。
 
 
ですが、
意図的にそうしているならいいのですが、
単純にネタがないから誤魔化している・・・という発信だと、
やはり読んでいる方もちょっとダルくなってくるはずです。
 
 
「あれ?なんとなく内容薄くね・・・?」
と読者は無意識下ですが、敏感にそう感じ取ります。
 
 
読者にそう思われると、
もしかしたらメルマガを解除されてしまうかもしれませんし、
もう二度とブログを読んでくれなくなるかもしれません。
 
 
なので、
ネタがない時は無理して書くべきではなく、
質の高い文章が書けるという確信が持てるまで、
〝ネタをかき集める〟という作業が必要になってきます。
 
 
今日はそんな、
ブログ記事が書けない、
メルマガが書けない、
情報発信のネタがない、
とにかくライティングテーマが見つからない、
そんな時に役立つ〝ネタかき集め〟作業について解説していきます。
 
 
では、早速いってみましょう。

そもそも、質の高い文章とは!?

ネタがないからといって、
ただ〝ネタをかき集める〟ということをしていても、
それが「質の高い文章を書く」こととイコールではないはずです。
 
 
ネタ探しも重要ですが、
最優先すべきは「質」です。
 
 
手当たり次第にネタを拾ってきて、
手当たり次第に文章を書いていても、
それが「質の低い文章」になっていたら元も子もありません。
 
 
ブログ記事などは、
書けば書くほど溜まっていきますから、
その1記事1記事がある一定ライン以上の質を備えていれば、
「預金残高」みたいな感じで、どんどん資産は増えていきます。
 
 
例えば、
1ポイントの記事が100記事あれば100ポイントになり、
1記事1記事の質的にはそんなに大したことなくても、
プラスでさえあれば、書けば書くほど資産価値が高まっていく・・・
という考え方です。
 
 
しかし、
ある一定ライン未満の記事というのはポイント換算するなら「0ポイント」であり、
0ポイントの記事を100記事書いたところで0ポイントです。
 
 
0ポイントの記事を1000記事書いても0ポイントですから、
なかなか心が折れますよね。笑
 
どーでもいい話とかは書くだけ無駄ってことですね。笑
 
 
そしてさらに、「マイナスポイント」という概念もあって、
それは、その文章を読むことによって、「読者が不快になる文章」というやつです。
 
 
例えば、
誰かを誹謗中傷したり、悪意に満ちた発信をしたり、
殺人予告とか、まぁそういうやつですよね・・・笑
 
 
普通に、人として当たり前の生き方をしていれば、
そうそうマイナスの発信なんてしないものですが、
 
 
とにかく、
そういう読者を不快にさせる文章は確実にマイナスポイントです。
 
 
だから、
ブログ全体が、プラスの記事で埋め尽くされていれば、
「預金残高」はどんどん増えていき、
 
 
0ポイントの記事をいくら書いても、
「預金残高」は変わらないので、努力と時間の無駄です。
(しかし、書くことによって成長できれば長期的に見ればプラス)
 
 
ブログ全体がマイナスの記事で埋め尽くされていれば、
「預金残高」はどんどん減っていき、
それすなわち、いつまでたっても稼ぐことはできません。
 
 
で、気になる
「ある一定ライン以上の質の高い文章」の書き方ですが、
 
 
まず、「質の高い文章」とは、
『潜在的に読者が求めている情報や発信』
と言い換えることができます。
 
 
読者本人は気がついていなかったけど、
「言われてみれば確かにそうかもな・・・」
と思わせるような文章を書くことです。
 
 
これは、自分に置き換えてもらえれば分かるかと思いますが、
僕も、人の文章をたくさん読んでいますので、
自分なりに、その発信について、「良い」か「悪い」か無意識のうちに判断しています。
 
 
その「良い」「悪い」の判断基準の一つに、
『これまでどこかで聞いたような話かどうか?』
っていうものが挙げられるかと思います。
 
 
実際、誰でも言ってるようなことをわざわざメルマガで送られてきても、
プラスになるどころか、マイナスでしかありません。
 
 
「なぜこいつは、こんな当たり前の、ネットで調べればすぐに出てくるようなことを
 わざわざメルマガで長々と送ってきやがるんだ?
 もう必要ないから解除してやろ」・・・ポチッ・・
 
っていう経験ありませんか?笑
 
 
僕は自分から登録したくせに、
そうやってすぐ、人のメルマガを解除してしまうことがよくあります。笑
 
 
だって、
読者からしてみれば、これまでにどこかで聞いたことのあるような内容を
わざわざもう一度読みたいとは思わないはずです。
 
 
もうその時点で、
〝この人から学ぶことはない〟
と無意識的にそう判断してしまうんです。
 
 
逆に、
まだ誰も発信してないような内容で、
独自の切り口でオリジナリティ溢れる文章がメルマガで送られてきたら、
毎回、送られてくるたびに嬉しくなります。
 
 
だから、
『これまでどこかで聞いたような話かどうか?』
というのを、質の高い文章の判断基準の一つに加えてみてもいいかと思います。
 
 
そして、それが、
『潜在的に読者が求めている情報や発信』
になっていると尚のことよし。
 
って感じなんです。
 
では次章で、
『潜在的に読者が求めている情報や発信』
はどうやって書くのか?
 
 
そのリサーチ方法を明かしていきます。

最も効率的なリサーチ方法を教えます。

リサーチもせずに誰かに向かって発信するということは、
それはもう〝自分よがり〟でしかないです。
 
 
サッカーに興味のない人に向かって、
サッカートークをしてもウザいだけですよね。笑
 
 
しかし、こういうことって、
実際、僕もよくやってしまいます。
 
 
サッカーのことを全く知らない人が聞いたら全然理解できない例え話とか、
漫画のネタとか、僕は結構な頻度でやってしまっています。笑
 
 
一応、「これ、理解できない人もいるだろうな」っていうことは僕もわかってはいるのですが、
カイジの話で伝えたらわかりやすいだろうなと思って、半分確信犯的にやってしまっています。笑
 
 
でも、本当は誰が読んでも理解出来る話ができないといけないし、
僕みたいな自分よがりな文章って本当はあまり良くないと思います。
 
 
僕は自分よがりだし、自己満足度も高いのでさらに厄介です。笑
 
 
「お!この記事はなかなかいいことが書けたな〜」
とか言って、自分よがり的に、自己満足してしまいます。笑
 
 
しかし、それを誰のために書いているのか?
と問われれば、当然読んでくれる読者のために書いているわけで、
その読者が「質の高い文章だ!」と言ってくれて初めて「質の高い文章」が生まれます。
 
 
だから、いくら自己採点で100点満点の文章を大量に書いても、
読者に伝わっていなければ何の意味もないってことですね。笑
 
 
で、
読者に「質の高い文章だ!」と言ってもらうためには、
読者が求めているニーズを満たす必要があり、
そのニーズを満たすために〝リサーチ〟ということをやります。
 
 
よくコピーライティングでは、「リサーチが最も重要」と言われますが、
その真意は、ニーズを満たす文章が質の高い文章であり、
ニーズを満たせなければ、それはただの〝自己満コピー〟だということです。
 
 
〝自己満コピー〟を読まされる方の立場になって考えてみればわかりますが、
まぁ、ぶっちゃけ苦痛ですよね。笑
 
 
だから、自分よがりでなく、自己満でもない文章を書く必要があるわけですが、
だからと言って、ニーズを満たす文章だけ書いていればいいのかというと、
実はそうでもなくて、やはりその両方が大事。
 
なんだと思います。
 
 
読者のニーズを満たしていながら、
なおかつ、自己満足できるような文章を書くこと、
これが情報発信者のあるべきスタイルだと思います。
 
 
では、そのニーズを満たすリサーチ方法とは?
ということなんですけど、
 
 
一般には、アンケートを取りましょうとか、
実際に話を聞いて潜在ニーズをくみ取りましょう
みたいなことが言われていますが、
そういうのって、実際にやろうとしても、割とハードルが高いですよね。
 
すぐやれって言われてもすぐにはできないことです。
 
 
じゃあ、どうしたものかというと、
『売れてる情報商材のコピーを読む』
 
これが最も効率的なリサーチ方法かと思います。
 
 
売れてる情報商材っていうのは、
それだけたくさんの人が反応して買っているということなので、
そこに、市場の潜在ニーズを満たす何かが書かれていると推測ができるわけです。
 
 
コピーを読んで、それに反応して購入している人が大勢いるということは、
それはそのまま、ターゲットの悩みや不安、
そういったものの解決策やメリットベネフィットが書かれており、
いわば「訴求点」になるわけです。
 
 
そのジャンルの売れてる情報商材のレターに書かれている「訴求点」
そこに焦点を当てて、リサーチしてみると、
いくらでも悩みや不安が出てくると思います。
 
 
で、
それらをメモ書きに残しておけば、
それはそのまま情報発信の「ネタ」になりますから、
もう、このリサーチ法を知ってしまったら〝ネタに困る〟ということは無くなります。
 
 
自分の扱っているジャンルの売れてる情報商材のレターを読み、
仮に30個の訴求点が見つかれば、30記事書くことができたり、
30通のメルマガが書けることになります。
 
 
アンケートをとったり、
実際にメールでやりとりしたり、スカイプで喋ったり、など
そんなことをしなくても、自宅ですぐに今から実践できるネタ集め方法です。
 
 
「ネタがなくて困る」という方は是非参考になさってください。
 
 
では、以上です。
 
どうも有難うございました。
 
 

板倉のメールマガジンあります。


















このメルマガはネットビジネス初心者の方に向けて、
みっちりと基礎を固めてもらうつもりで書いています。


ビジネスは始めが肝心です。


一気に結果を出せる人とそうでない人の差は、
「ゴールが見えているかどうか?」です。


ゴールが見えていなければ、
闇雲に走っても意味がありませんし、
下手したら逆方向に走っている人もいます。


ですので、このメルマガは、
ネットビジネスというフィールドに飛び出す前の、
『地図を受け取る』という作業だと思ってもらえればいいので、

「これからビジネスを始める人」
「すでにビジネスを始めているけど迷子になっている人」
に受け取ってもらえると嬉しいです。


なので、残念ながら、
すぐに役に立つノウハウを求めている方の期待には答えられません。


逆に、 着実にビジネスを進めていきたい方、
正しいマインドを持ってビジネスに取り組んでいきたい方は受け取った方がいいです。


『有料級の情報を提供している』


と、自信を持って言える内容ですが、
全部無料ですし、
いらなくなったらボタンひとつで解除できます。


登録はこちらからどうぞ。


*メールアドレス
*苗字 or ニックネーム