板倉です。
 
 
ネットに限らず、ビジネスをやっていくなら
「集客」というものを避けては通れません。
 
 
その「集客」というカテゴリの中に、
「広告」という手段があります。
 
 
簡単に言うと、
「お金を払って、お客さんを集めてくる」ってことなんですけど、
この「広告」というやつがなかなか侮れなくて、
まだビジネスを始めたばかりの段階だろうと何だろうと、
今日から今すぐ集客ができるので、
すぐにビジネスが回り始めるというのが最大の利点です。
 
 
例えば、
facebook広告を使って集客をし、
何かのアフィリエイトをすれば、もうその日から報酬が発生します。
 
 
一から集客をしようと思うと、
無料レポートを作ったり、ブログを書いたり、
サイトを作ったり、SEO対策を頑張ったり、
とにかく大変な労力と時間がかかりますが、
そういう面倒くさいことをお金を払うことで一気にすっ飛ばしてしまうことができます。
 
 
人によってはものすごく価値のあるノウハウになりますので、
そこらへんのことを今日は掘り下げて語っていきます。
 
 
よろしくお願いします。

「広告」という概念の説明
〜この世は広告で回っている〜

この世は広告で回っていると思ってもいいかもしれません。笑
 
 
自分がビジネスを始めてみるとわかると思うのですが、
砂漠の真ん中で水を売ってても
誰にも気づかれないと全く意味がないですよね。笑
 
 
だから、
「砂漠のこの辺りで
 いつも水売ってますよ!」
 
 
っていう情報を撒き散らすんです。
 
じゃないと砂漠を横断する人がきてくれないので。
 
 
これが『広告』の意味です。
 
 
で、
広告も砂漠の真ん中で広告出してたら意味ないじゃないですか。笑
 
 
誰かが見てくれて、「認知」してくれないと意味ないんで、
基本的に人が多いところで広告を出します。
 
ここまではオッケーですよね。
 
 
で、
今までは物理的に人が多いところで
広告を出すのが一般的だったんです。
 
 
例えば、
電車の中吊広告、
駅の掲示板、
バス停のポスター
首都高沿いのビルの屋上
スクランブル交差点のビルの壁
巨大モニターとかありますよね。
 
 
人が沢山見る=広告が出せる=広告収入になる
ということです。
 
 
これが物理的でなくて
新聞とかテレビ画面にも広告が出てくるようになりました。
 
 
新聞は多少お金取ってますけど、テレビは無料ですよね。
(NHK以外は)
 
 
テレビ局の収入源はテレビコマーシャルで
広告収入を得て、儲けているんです。
 
 
一般の視聴者からはお金を取っていません。
 
 
NHKはCMを流さない、つまり広告収入がない、
視聴料を見ていなくても強制的に徴収できる法律を制定して受信料と称して回収する。
 
こういう仕組みです。
 
 
つまり、
人目に触れる=広告が打てる=広告収入になる
ってことです。
 
 
これが発展してきて、
今はインターネット上で広告合戦が繰り広げられています。
 
 
youtube
facebook
instagram
yahoo
google
 
 
実は、
全部広告収入で利益を得ているんです。
 
 
「パソコン画面のこの部分にこうやって表示するから広告料100万円ね」
って感じなんです。笑
 
これが広告の仕組みです。
 
 
では、例えば、
『なぜyoutubeで自分の動画が再生されると
 お金が入ってくるのか?』
 
ということを考えてみると、
それは動画の始めに広告が流されるからです。
 
 
企業はyoutubeに広告費を払い、
自社のビジネスをより多くの人に認知してもらい、
その結果、広告費以上の売り上げを得てお金を稼ぐ。
 
 
youtubeは企業から広告費を貰い、
その一部を視聴者を集めてくれるアップロード者に支払う。
 
 
視聴者は自分の知りたい情報、娯楽のために動画を視聴する。
 
ここに一つのお金の流れの循環システムが出来上がっているんです。
 
 
アドセンスというのは、
google社が運営する広告の事で、
もともとyoutubeは独立してましたがGoogleに買収されました。
 
 
なので、見た目には変わっていませんが、
利用者数、グローバルという意味で利用する企業からしても、
この先かなり収益が見込める魅力的な広告媒体になりました。
 
 
だから、
youtuberって本当にすごいですよね。笑
 
 
ネットを使って自動で稼ぐっていうことに、
今や一般人でも成功しているんです。
 
 
動画を撮って、
youtubeにアップロードするだけで、
その動画が再生されるたびに自動でお金が入ってくる。
 
 
やり方は少し一発屋的だとしても、
完全自動化に成功している好例かと思います。
 
 
「広告」という概念を理解すれば、
『なぜお金が入ってくるのか?』
ということがわかり、
 
 
なぜお金が入ってくるのか?
が理解できれば、それをいろんなフィールドに持って行って、
どこで何をやってもビジネスで成功できるようになります。
 
 
なので、
この機会にぜひ、「広告」という概念を知っておいてもらいたいと思います!

広告を利用する側に回り、稼ぐべくして稼ぐ!

youtuberは確かにすごいです。
 
 
でも、
自分がどうやって稼いでいるのかを本当の意味で理解できている人は少ないし、
結局は他人のフィールドの中で勝負しているので、
アカウント削除とか、そういう突発的なアクシデントに脆いという側面があります。
 
 
今はyoutubeが流行っているので、
なんとなく始めてなんとなく稼いでいる人が多いだけだと思うのですが、
僕らはそんな一発屋を目指してるわけじゃないです。笑
 
 
ちゃんと理論的に理性的にロジカルに戦略を組んで、
稼ぐべくして稼ぎたい訳ですよね。
 
 
再現性って言ってもいいかもしれませんが、
誰がやっても上手くいく再現率でないと意味がないんです。
 
 
だって運次第だったら教えられないですよね。
 
 
「当たるか当たらないかは
 運次第だ!それでもやるかい?」
って言う人に教えてもらいたくないですよね。笑
 
 
youtuberはyoutuberを育てられません。
 
それは、なぜ自分が成功したのか?
というロジックが理解できていないから。
 
だから人に伝えられないし再現性がないんです。
 
 
でも、
僕がやっているビジネスは違います。
 
 
誰がやっても稼げるビジネスをやってるし、
誰がやっても自動で稼げる再現性を持たせています。
 
 
なぜそう言い切れるのか?
なのですが、それはこの先を読んでもらってから
判断してもらえればいいかと思いますので、続きを書きますね。笑

広告を利用した全自動システムの構築

では核心部分の自動化の解説をします。
 
もう一度DRMの流れを確認しておきます。
 
 
DRMがよくわからないという方はこちらを参照してください。
 
 
1、リストを集める
2、リストを教育する
3、リストに売る
 
この【リストを集める】という部分について説明します。

リストを集める

リストというのはメールアドレスのこと。
 
できれば氏名とセットが望ましいです。
 
 
そして、
ただ単純に「メールアドレス教えてください!」
って言っても誰も教えてくれないですよね?
 
これは街中で、
「あなたの名前と住所教えてください!」
って言ってるようなもんです。
 
超、怪しいですよね。笑
 
 
メールアドレスっていうのは個人情報なので誰だってタダでは教えたくないんです。
 
 
でも例えば街中で、
アンケートをとって、
協力していただいたお礼に1000円分のギフトカードを後日郵送するので、
一緒にご住所と氏名も書いてもらえませんか?
 
って言えば、一定数は記入しますよね。
 
こうして氏名とメールアドレスを入手するんです。
 
 
これを「リスト」と言います。
 
 
街中では、
見込み客となりそうな人を狙ってアンケートを取ればいいですが、
ネットでは「無料オファー」と言って、
氏名とメールアドレスを教えるメリットを見込み客に与え、
氏名とメールアドレスを登録してもらいます。
 
 
相手にとって、
氏名とメールアドレスを教えてもいいくらいのプレゼントを用意するんです。
 
プレゼントが欲しくて多くの人は氏名とメールアドレスを登録します。
 
 
 
こういうリストを取るためのページをオプトインページ
もしくは、ランディングページと言います。
 
 
略して「LP」って言ったりもします。
 
 
LPの登録ボタンをクリックすると、登録フォームに飛びます。
 
 
登録フォームに氏名とメールアドレスを入力して送信ボタンを押すと、
自動返信メールが届き、そのメールでプレゼントを渡します。
 
 
すぐにダウンロードできるPDFって言うファイルか、
音声、動画、の大体3種類の形式が一般的です。
 
 
このようなLPを見込み客がたくさんいそうな場所に設置します。
 
 
例えばyoutubeの詳細欄、
ブログをやっていればブログの記事、
あとは無料レポートスタンドというサイトがあって、
そこに投稿するとジャンルにもよりますが、100リストくらい集まったりします。
 
 
あとはPPC広告、
facebook広告などなど
とにかく見込み客がいそうな場所、
目に付きやすい場所に貼り付けます。
 
これがリストを集めるという作業です。
 
 
これは一度貼り付けたらずっとネット上に
残ってますし、PPC広告やfacebook広告なら自動投稿と言って、
1日の広告金額を決めておけば1日数百円から投稿可能です。
 
 
設定金額以上は表示されないし、当然、請求もされないので安心です。

リストを教育する

次に【リストを教育する】
ですが、手段はいろいろあります。
 
 
現時点で最も効果的だと言われているのが
「ステップメール」というシステムです。
 
 
これは、
先ほどのLPから登録した人に対して自動返信をしたり、
事前に用意しておいたメールを予約送信できるシステムです。
 
 
例えばこんな感じです。
 
 
1日置きに一通届くようにしたり、
2日置きに届くようにしたり、
っていうように、登録から何日後の何時にどのメールが送られるのか、
細かく設定できるようになっています。
 
 
こういうシステムを運営している会社を
「メルマガ配信スタンド」と言って、
それこそいろんな会社が似たようなサービスを提供していますが、
僕がずっと使っているスタンドが「エキスパ」です。
 
「エキスパ」の他にもメルマガスタンドって沢山あるので、
いろいろと覗いてみて、自分にあったメルマガスタンドを選んでみてください。
 
 
他にもリストを教育する方法はありますが、
今、僕はこの方法を使っています。
 
 
それは販売するものの内容によって
見込み客に対するアプローチが変わるので、
一概に「これがいい」とは言い切れないんですね。
 
 
例えば、
「3日でニキビを完全に消し去る方法」
を販売するなら、呑気に一日置きにメールが3日間届いてもおかしいですよね。
 
その間に早く治したいんだから。
 
 
そういう場合は、セールスレターを教育手段として選びます。
 
 
でも、セールスレターにダイレクトに飛ばすと、
それっきりアプローチができなくなってしまうので、
 
 
1、LPでリストを獲得する。
2、自動返信メールでプレゼントを渡しつつ、
3、レターを読ませて販売する
 
くらいのスピード感で販売した方がいいと思います。
 
 
この辺りはまだ構造的に理解が難しいと感じるところかもしれませんので、
今日のところはなんとなくで大丈夫です。笑

リストに売る

そして最後の【リストに売る】ですが、
ステップメールでまず自分の存在を知ってもらって、
自分の想いに共感してもらい、商品の良さを十分に伝え、
商品を手に入れたらどんな未来が待っているのか想像してもらい、
そこまで教育できたら販売します。
 
 
ステップメールの最後に自分の商品なら商品購入リンクを、
アフィリならアフィリエイトリンクを貼り、
これも予約配信で自動で配信されるようにしておきます。
 
 
もちろんここまで来ても、購入しない人もいます。
 
 
それどころか、
ステップメールの途中で嫌になって受信解除してしまう人もいます。
 
 
集まったリスト全員が買うってことはないので、
最初に大体目指す数字としては
 
 
〝5%くらいの人が買ってくれたらいい〟
 
 
くらいの気持ちでいいと思います。
 
 
というのも、広告などにお金をかけている場合、
広告費以上に売上げが発生しないと「赤字」になる可能性がありますので、
成約率というのは割とシビアに見ていかなければなりません。
 
 
例えば、
広告費に一月50万円かけて、
リストを1000件集めてきて、
商品が1万円だとして、3%の30人しか購入しなかったら
売上げ30万円で、20万円の赤字です。
 
 
はじめのうちは
広告に50万円もかけないので、
ここまでの大赤字はないので、
せいぜい数千円からスタートして数百円の赤字とかですけど、
成約率は上げる必要はありますよね。
 
 
仮に
広告費に一月50万円かけて、
リストを1000件集めてきて、
商品が1万円だとして、10%の100人が購入したら
売上げ100万円で、儲け50万円です。
 
 
リストを集めるのも自動、
ステップメールで教育も自動、
セールスも自動、全自動で月収50万円です。
 
 
翌月もその翌月もずっと自動です。
 
 
売上げに応じて広告費を上げていけば利益はどんどん膨れ上がっていきます。
 
 
仮に
広告費に一月50万円かけて、
リストを1000件集めてきて、
商品が1万円だとして、5%の50人が購入したら
売上げ50万円で、〝儲けゼロ〟ってことなんです。
 
 
でも、広告費と売上げがトントンだったとしても、
1000件のリストは手元に残りますよね?
 
 
そうしたら今度また次の商品を
「これどうですか?」
 
 
ってお勧めした時に、
そのリストの中から買ってくれる人が出てくるんです。
 
 
その場合、
それは丸々利益になるので、
「そういう意識でどんどんリストを集めていく」
っていうやり方の人もいます。
 
 
リスト=資産
と思ってもらって大丈夫です。
 
 
とにかく、いずれにしても利益をあげようと思ったら、
成約率を上げることに全力を注いだ方がいいです。
 
 
それはつまりステップメールの内容です。
 
 
ステップメールの内容次第で成約率が変わるので、
ダイレクトに利益に反映されてくるのです。
 
 
最重要ポイントはここですね。
 
 
つまり、
コピーライティングのスキル次第で赤字になったり
黒字になったりするってことです。
 
 
商品の価値を伝える技術の重要性がわかっていただけましたでしょうか?笑
 
 
散々言ってますがここで必要なのは、
 
>コピーライティング
マーケティング
 
の2つのスキルです。
 
 
この全自動システムが上手く稼働するかどうかの鍵は、
この2つのスキルが備わっているかどうか。
 
 
ここにかかっていますので、
是非、ガッツリ学んでいきましょう!
 
 
以上、
これが全自動の概要です。
 
 
自動で集客
自動で教育
自動で販売
自動で利益が上がる
 
全自動システムの構築です。
 
 
この仕組みを作り上げるのには最初は大変かもしれません。
 
でも一度作ってしまえば、ずっと自動で稼働し続けるので、
ハワイのビーチで体育座りしてても
ネット上でずっと利益が上がり続けるんです。
 
 
自分がやることは、
システムがちゃんと稼働してるかどうかチェックするだけです。
 
 
同じようなシステムを何個も作れば、
それだけで月収がとんでもないことになります。
 
 
嘘でも詐欺でも煽りでもなんでもなく、
理性的に理論的に仕組みを構築するだけなんです。
 
 
しかも、どんなに遅い人でも2年もあれば確実に構築できますし、
普通にやっても数ヶ月です。
 
 
数ヶ月で開業費ゼロで、
毎月50万円の利益を全自動で稼働させるシステムが他にあるでしょうか?
 
 
僕の知る限りないですね。笑
 
 
これ本当にやばいんで、
騙されたと思って、やってみる価値あると思います。
 
 
では、以上です!
 
どうもありがとうございました!
 
 

板倉のメールマガジンあります。


















このメルマガはネットビジネス初心者の方に向けて、
みっちりと基礎を固めてもらうつもりで書いています。


ビジネスは始めが肝心です。


一気に結果を出せる人とそうでない人の差は、
「ゴールが見えているかどうか?」です。


ゴールが見えていなければ、
闇雲に走っても意味がありませんし、
下手したら逆方向に走っている人もいます。


ですので、このメルマガは、
ネットビジネスというフィールドに飛び出す前の、
『地図を受け取る』という作業だと思ってもらえればいいので、

「これからビジネスを始める人」
「すでにビジネスを始めているけど迷子になっている人」
に受け取ってもらえると嬉しいです。


なので、残念ながら、
すぐに役に立つノウハウを求めている方の期待には答えられません。


逆に、 着実にビジネスを進めていきたい方、
正しいマインドを持ってビジネスに取り組んでいきたい方は受け取った方がいいです。


『有料級の情報を提供している』


と、自信を持って言える内容ですが、
全部無料ですし、
いらなくなったらボタンひとつで解除できます。


登録はこちらからどうぞ。


*メールアドレス
*苗字 or ニックネーム